タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

映画『翔んで埼玉』を観てきたので感想&DISネタをまとめてみる!【ネタバレあり】 

どうもこんにちは。

タクミです。

 

公開2日目に早速観てきました。

 

映画『翔んで埼玉』

(邦画史上最大の茶番劇w)

 

f:id:takumino:20190226115831j:plain

(映画館に貼ってあった翔んで埼玉ポスター)

 

結論から言うと・・・

 

とても面白く観れました!(関東圏の人ほど楽しく観れる?)

 

クセになる類の作品で、

なんならもう一回観てもいいかな?

と思えるような映画で大満足。

 

多分この記事を書いている自分のように、

映画を観終わった後も、

 

翔んで埼玉の質感をもう一度味わいたい!

 

と思っている方が多いと思うので、

 

今回は、

「作品の名シーンを思い出せるよう構成」で、

映画に対する個人的な感想や、

簡単なストーリー、

 

そして、思わず笑ってしまう

DISネタの数々をまとめていきます!

 

では参ります!(๑•̀д•́๑)キリッ

 

※多少のネタバレがある記事なので、

まっさらの状態で映画を観たい人は離脱してください。

 


 

 


簡単なあらすじと映画の構成について説明

 

映画『翔んで埼玉』のあらすじ

 

日本一暑い街で有名な埼玉県 熊谷市

太陽の熱で目玉焼きが作れることで

有名なこの街に、菅原夫婦と娘は暮らしていた。

 

f:id:takumino:20190226135459j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

菅原好美(ブラザートムは、

埼玉県民としての誇りを大事にしている

根っからの埼玉県人。

ただし熊谷市は、ほぼ群馬県である

 

妻の真紀(麻生久美子)、

娘の愛美(島崎遥香は、

そんな好美が走らせるワンボックスカーに

揺られながら一同、東京を目指していた。

 

目的は、この度婚約をした

娘の愛美の結納を済ませるためである。

 

「わざわざ東京で結納かよ」

 

と愚痴りながら、埼玉愛を熱く語る

好美に、娘の愛美は手厳しいコメントで

軽く埼玉県や熊谷市をDISり始める。

 

娘の愛美の夢は、こんな田舎臭く

何もない「ダさいたま」を抜け出し、

東京に家を買って暮らすこと。

 

そんな子供の頃からの夢が、

もう少しで叶うとあって、

心なしかテンションが高い愛美。

 

ひたすら田んぼしか見えない農道

しばらく走っていると、

 

カーラジオから、

一人のDJが語る声が聞こえてきた。

 

「その昔、埼玉県民は

東京都民からそれはそれは

ひどい迫害を受けていた。」

 

通行手形がないと東京に

出入りすらできず、

手形を持っていない者は見つかると強制送還される・・・。」

 

f:id:takumino:20190226213730j:plain

 (『翔んで埼玉』公式YouTube予告動画より) 

 

そんな都市伝説とも、

ただの埼玉県DISとも言える

内容をとうとうと語り始めるラジオDJ

 

チャンネルは、間違いなく

埼玉県民が大好きな『FM NAC5』

 

その『NAC5』から埼玉県をDISする内容

流れてきたことに動揺を隠せない好美。

 

しかし、なぜかは分からないが

(愛美を除いた)

好美と真紀はラジオのDJが語る

都市伝説の世界観にどんどん

引き込まれていく

 

「埼玉県民は自分たちを

解放してくれる救世主の出現

を切に願っていた・・・。」

 

空前絶後のディスリ合戦

が今、始まろうとしている。

  

映画の構成や世界観について

 

f:id:takumino:20190226142841j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

映画は主に、

あらすじで登場した菅原家が登場する

「現代パート」と、

 

壇ノ浦 百美と麻実麗が活躍する

「伝説パート」に分けられています。

 

【左:麻実 麗(GACKT)・右:壇ノ浦 百美(二階堂ふみ)】

f:id:takumino:20190226143808j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

伝説パートにおける埼玉県は、

(書くのも気がひけるほどに)

東京都から差別や迫害を受けており、

 

「埼玉県」と言葉にするだけで、

 

「口(くち)が埼玉になる」

 

とDISられてしまう始末(笑)

 

気高き東京都民かつ、

都知事の息子である壇ノ浦 百美も例外ではなく

埼玉差別主義者そのもの。

 

そんな百美が生徒会長を務める

東京の名門高校が白鵬堂学院

 

f:id:takumino:20190226145912j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

完全に歌劇団を意識しただろう

華やかさが、またグッときますよね。

 

名門白鵬堂学院に転校してきた

麻美麗に対抗心を燃やす百美。

 

f:id:takumino:20190226145859j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

勝手に勝負を仕掛けてくる百美の

挑戦を受け止める麗。

 

【 東京テイスティング中の麻実麗 】

f:id:takumino:20190226151802j:plain

 (『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

< 東京テイスティングって何? >

 

瓶に入った空気を吸い、

東京都内のどこの空気かを当てるという

埼玉県人には縁遠い競技。

 

重要なパロメーターである

都会指数の高さを競うための催し。

 

この百美と麗が物語の世界に

ハマりすぎてて、もはや原作よりも

『翔んで埼玉』らしい世界観

構築しているといった珍しい現象。

 

(だいたい漫画原作の映画は、

二番煎じでつまらないイメージが・・・。)

 

この二人以外の登場人物も

キレキレの演技を魅せてくれるので、

中だるみせずに、

世界観に浸れたのかなと思います。

 


完全に主観的な映画全体の感想を述べてみる

 

f:id:takumino:20190226162143j:plain

 (『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

現代パートが個人的には好印象

 

正直、突っ込めばいくらでも突っ込める

ストーリーではあるし、

文化祭かよ!と思うシーンもあったのですが、

それも含みで好印象となる不思議な作品。

 

おそらく

「邦画史上最大の茶番劇 」

のフレーズで、公開前にハードルを下げてきた

のが効いているのかなと思われます。

(製作側の思うツボ)

 

個人的に上手いと感じたのが、

現代パートの部分

 

伝説パートのぶっ飛んだ内容を

しっかり鑑賞側が共感できるよう

菅原家のスパイスが効いています。

 

f:id:takumino:20190226153604j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

公式の相関図でも扱いが小さい

悲しき現代パート・・・。

 

しかし、そんな現代パートあってこその

伝説パートになっていると感じられ

しっかり映画の世界観を引き立ててくれています。

 

埼玉県を巡る人間模様・ラストの伏線回収までの流れも良かった

 

埼玉県を巡る人間模様も

この映画の魅力の一つ。

 

【 百美の父親 壇ノ浦建造(中尾彬) 】

f:id:takumino:20190226162351j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

今回、ヒール役の中尾 彬さんも

役柄にはまってましたし、

 

【  右:伝説の埼玉デューク(京本政樹) 】

f:id:takumino:20190226162309j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

伝説の埼玉解放戦線リーダー

埼玉デュークこと、京本政樹さんもノリノリ。

 

【 壇ノ浦家執事 阿久津 翔(伊勢谷友介) 】

(左:浜野あわび 右:浜野さざえ)

f:id:takumino:20190226162305j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

埼玉県の永遠のライバル

千葉県解放戦線リーダーの阿久津翔こと

伊勢谷友介さんも体当たりで臨んでいた印象。

 

(阿久津の取り巻きである)

左の「浜野あわび」中原翔子さん、

右の「浜野さざえ」小沢真珠さんが

演じてます。

 

(ただのネタと思わせておいて)

 

この映画はしっかり、

埼玉は埼玉の・千葉には千葉の存在意義

が確立されており、

 

ラストに向けての流れは、

胸が熱くなること必死の展開でした。

 

なぜか映画館に老人が多かったのが埼玉県らしい

 

全くもって本編と関係ないんですが

土曜日に実家の近くの春日部にて

映画を楽しんだ際、

 

やたらおじいさん・おばあさん

映画館内が溢れかえってて

面食らいました(笑)

 

一番早い時間帯だったんですけど、

お年寄りに優しいサービス」でも

埼玉県は実施しているのかな?と感じました。

さすが元・被差別県

 

ちなみに映画館に観に行くと、

下の写真のような通行手形がもらえます。

(交通用ICカードに貼れるシール型)

 

f:id:takumino:20190226115845j:plain

 

映画館には記念撮影用のボードが置いてあったり、

 

f:id:takumino:20190226115908j:plain

(下の地名は映画館の場所によって変わる) 

 

館内にはポスターがカッコよく貼られていて

テンションが上がりました。

 

f:id:takumino:20190226115841j:plain

(映画の本拠地と言っても過言でない春日部だからかもしれませんが)

 


キャストも無駄に豪華メンツで笑ってしまった

 

今までに紹介した以外にも

豪華メンツが出演しており、

 

例えば白鵬堂学院、

元埼玉県組のZ組の生徒役には

モンペにゲートル姿の加藤諒さん。

 

白鵬堂学院Z組 下川信男 】

f:id:takumino:20190226164134j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)
 

栄えある埼玉狩りの犠牲者となる

埼玉の青年は間宮祥太朗さん。

 

【 埼玉の青年 】

f:id:takumino:20190226164129j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)
 

・・・埼玉の青年は思わず笑ってしまうw

 

原作より登場回数が多かった

麻美麗の家政婦「おかよ」には益若つばささん。

 

【埼玉急襲部隊SATに狩られる おかよ】

f:id:takumino:20190226164139j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

バッチリ埼玉ポーズが決まってます ( '∇^*)^

 

(右の子供の設定が何だったのか、

よくわかっていない自分・・・。)

 

他にも、神奈川県知事役の竹中直人さんと、

麗の父親役の麿赤兒(まろあかじ)さん。

 

f:id:takumino:20190226162153j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)


執事の阿久津翔と実はデキている

都知事妻の壇ノ浦恵子役には、

武田久美子さん。

 

【 大人の関係の二人 】 

f:id:takumino:20190226162147j:plain

 (『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

そして監督には、

のだめカンタービレ』・『テルマエロマエ

で有名な武内英樹監督

 

・・・と、

邦画史上最大の茶番劇

にしてはかなり本気の陣営。

 

今回の記事作成にあたり、

写真を引用(拝借)させてもらっている

映画公式ガイドブックには、

 

原作者の魔夜峰央先生と、

監督の武内英樹氏の対談

もしっかり収録されています。

 

【 左:武内英樹監督 右:原作者の魔夜峰央先生 】

f:id:takumino:20190226170642j:plain

(『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

こういった写真を飾ってある会社とかって

なんか胡散臭いですよね

 

僕も原作の漫画とガイドブックを読んでから

映画を観れたので、その分も

余計に楽しめたかなと思ってます。

あぁ、そのネタ来たか!みたいなノリ

 

さらにディープな『翔んで埼玉』の

世界を知りたい方にはオススメです。

 

【 映画『翔んで埼玉』公式ガイドブック 】 

 

 

→ Amazonで『翔んで埼玉』を検索してみる

→ 楽天市場で『翔んで埼玉』を検索してみる

→ Yahoo!ショッピングで『翔んで埼玉』を検索してみる

 


作品内で笑えたDISネタを5つほどチョイスしてみる

 

(既に映画を鑑賞済みの人向け

 

この素敵な作品を思い出してもらえるよう、

個人的に好きなDIS(?)ネタ

5つほどチョイスしてみます。 

 

 ① ちょいちょい差し込まれる埼玉ポーズ

 

【 SATに囲まれ窮地に追い込まれた麗の埼玉ポーズ 】 

f:id:takumino:20190226162346j:plain

 (『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

絶妙な表情をしながらの埼玉ポーズ(笑)

(この映画をきっかけに再ブレイクしそうな気配)

 

ちなみに埼玉ポーズにも意味があり、

 

OKのサインの輪っか → 埼玉の「玉」

3本の指 → 埼玉の県鳥の「シラコバト」の羽

 

をそれぞれ表現しています。

 

② 常磐線を遮るヌーの群れ(運転一時見合わせ)

 

f:id:takumino:20190226201514j:plain

 (『翔んで埼玉』公式YouTube予告動画より) 

 

もう完全にバカにしてますw

 

日本とは思えない現象が起きるのが、

秘境の地・茨城へ向かう常磐線の魅力ですよね。

 

③ 草加せんべいと言う名の踏み絵

 

ããããã°ã¨ èå ããã¹ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ 

(画像掲載元:https://movie.walkerplus.com/news/article/179797

 

隠れ埼玉人かどうか見抜くためには

踏み絵、改め踏み煎餅が有効です

 

ちなみに原作では、

埼玉県知事の踏み絵だったのですが

諸々の大人の事情(?)によって

草加せんべいに変更になってました。

(キチンとシラコバト仕様)

 

④ 律儀に草を食べようとする白鵬堂学院Z組の生徒

 

f:id:takumino:20190226202853j:plain

 (『翔んで埼玉』公式YouTube予告動画より) 

 

埼玉県人にはそこらへんの

草でも食わせておけ!

 

という壇ノ浦 百美の名言通り

律儀に草を食べさせようとする

下川 信男(加藤諒)。

 

最初の方&地味なカットだけど、

一番笑ってしまったかもしれない名シーン。 

 

⑤  X JAPAN YOSHIKI VS  THE ALFEE 高見沢の代理戦争

 

【 千葉代表 YOSHIKI氏の大漁旗

f:id:takumino:20190226201519j:plain

  (『翔んで埼玉』公式YouTube予告動画より) 

 

そして最後はやはり

X JAPANYOSHIKI」VS  THE ALFEE「高見沢」

 

代理戦争ですよね。

大漁旗と凧の争い)

 

【 埼玉代THE ALFEEの高見沢氏の凧 】

f:id:takumino:20190226201523j:plain

 (『翔んで埼玉』公式YouTube予告動画より) 

 

個人的には僅差で、

千葉県勢のYOSHIKI」の勝利だったかなと。

(別にどっちでもいい)

 


映画『翔んで埼玉』を観てきたので感想&鉄板のDISネタをまとめてみる!【ネタバレあり】 まとめ

 

映画『翔んで埼玉』のオススメポイントはこちら。

 

  • 全登場キャラが終始ぶっ飛んでる

  • 愛のあるDISというテクニックを学べる

  • やたら中毒性が高い

  • この映画が放映されていることは日本が平和な証拠

 

とにかく中毒性が高い作品

 

というのが自分の中の総評。

 

イチイチ細かいことを気にしてても

面白くないので、寛大な心で観るべき映画です。

 

ちなみに世の中のレビューも

ほとんどが好意的に捉えた投稿が多いのが

少し意外な気もしております。

 

僕の後ろに座ってたおばさんも、

やたら爆笑してたので、

わりかし広い年齢層に

受け入れられる映画だと思います。

 

(おじいちゃん・おばあちゃんは分かりませんが)

 

また、最後に流れる

はなわのエンディングテーマも秀逸です

 

「埼玉県のうた」

うちの妻が車の中でヘビロテし始めましたw。

 

翔んで埼玉 映画 エンディングソング 

『 埼玉県のうた 』 -はなわ-

 

 

 

 

埼玉愛に溢れた名曲なので、

まだちゃんと聴いたことがない人は、

キチンと劇場に足を運んでみて欲しいと思います。 

 

・・・といったところで、

映画『翔んで埼玉の感想&DISネタ まとめ記事』

はここまでとなります。

 

(まだ観てない方は)

埼玉解放戦線の活躍を、

ぜひその目で確かめて下さいませ。

 

【 世界埼玉化計画進行中! 】

f:id:takumino:20190226145907j:plain

 (『翔んで埼玉』公式ガイドブックより)

 

長文でしたが、最後まで

お付き合い頂きありがとうございました!

 

また更新します。

そんじゃ、またね!

 

【 翔んで埼玉 - 麻夜峰央 - 】 

 

【 映画『翔んで埼玉』公式ガイドブック 】 

 

※ブログ管理者タクミは、ツイッターでフォロワーさん募集中です。 

相互フォロー歓迎なので、気軽にコメント等いただけたら嬉しいです。

タクミ (@takumijyuku07) | Twitter

 

 

スポンサーリンク