タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

リズム運動で脳を目覚めさせる!メンタリストDaiGoさんの『脳覚醒!集中しまくっても疲れない脳の作り方』を観たのでまとめてみる

どうもこんにちは。

タクミです。

 

メンタリストDaiGoさんのニコニコ放送

 

「心理分析してみた」

 

内の

 

『脳覚醒!集中しまくっても疲れない脳の作り方』

 

を観たので、感想や内容等まとめていきます。

 

YouTubeにて前半部観れます(後半はニコニコ動画のみ。会員登録必要。)


脳覚醒!集中しまくっても疲れない脳の作り方

 

※当記事は、ニコニコのDaiGoさんの

有料チャンネルに登録した上での感想まとめです。

 

  • 効率的な学習方法を知りたい

  • 疲れの積極的な癒し方を知りたい

  • スマホを使った効率的読書法について

 

といった内容を記載しています。

 

では参ります!

 


 

 


記憶力や集中力を高める方法とは?

 

f:id:takumino:20190417123150j:plain

 

座りすぎによる死亡リスクについて

 

あぁ、今日も仕事で座りぱなし。疲れたなぁ。

 

という方も多いかと思いますが、

1日の時間の大半を

「座るという行動」が占めている場合、

心臓発作などのリスクが高まるということが

分かっているそうです。

 

(具体的に説明すると)

2010年に行われた、

「サウスカロナイナ大学」の研究 によると

 

有酸素運動を行っている

体重過多(肥満)の成人よりも、

 

痩せているけれども、

いつも座っている正常体重の成人の方が、

心臓血管疾患関連のリスクが高いという

結論が出ているとのこと。

  

(参考サイト)

サピエンス異変 - ヴァイバー・クリガン=リード - Google ブックス

 

(他、2012年のシドニー大学の研究によると)

1日に11時間座る人が、

3年以内に死亡する確率は

40%程度高くなると考えられ、

 

8時間〜11時間程度、

1日に座る人は、

4時間以内の人より 15%程度

死亡リスクが高まるそうです。

 

※座りすぎの人は、

運動習慣等に関係なく死亡リスクが高まる

 

外部サイトにて、

「カリフォルニア大学の研究」

についての言及を確認。

forbesjapan.com

 

そういった「座りすぎ」を防ぐ意味でも、

作業用のスタンディングデスクを

DaiGoさんは愛用しています

(動画観てても、日常的にスタンディングスタイルであることが分かります)

 

→ Amazonで『スタンディングデスク』を検索してみる

→ 楽天市場で『スタンディングデスク』を検索してみる

→ Yahoo!ショッピングで『スタンディングデスク』を検索してみる

 

ちなみに、ブログ管理人の自分は、

スマートウォッチの座りすぎアラーム

などを使って定期的に立ち上がり運動をしたり、

 

集中力が切れたと感じたら

立ち上がって作業したりしております。

(現在スタンディングデスクは検討中)

 

ステッパーを使用しながら読書をする意義

 

f:id:takumino:20190417123408j:plain

 

ステップ踏みながら読書なんかできるの?

 

と疑問に思われるかも知れませんが、

 

座りながらの作業よりも

ステップを踏みながらの作業の方が

(血の巡りがよくなるおかげで)

作業効率や記憶の定着がよくなるそうです。

 

ステッパーまでいかなくとも、

立ち上がり、歩きながら書籍を読むだけでも

集中力が高まるのを感じられると思います。

学者が考え事をしながら歩くイメージ

 

ちなみに自分はステッパーを踏みながら、

動画視聴など行っております。

(汗かきなので読書は無理と判断 w)

 

ステッパーよりも激しい、

ランニングの際などは、

「聴く書籍」などを使ってみるのも

非常にオススメです

 

 

→ Amazonで『聴く書籍サービスaudible』を無料体験してみる

 


リズミカルな運動は疲れに効く

 

f:id:takumino:20190417123155j:plain

リズミカルな運動は、α波を出やすくさせる

 

【 α波とは? 】

 

アルファ波(アルファは、α波)は
ヒト動物の脳が発生する
電気的信号(脳波)のうち、
8~13Hz成分のことをさす。

アルファ波という名称は、
ヒトの脳波を初めて記録したハンス・ベルガー命名し、
彼にちなんでベルガー波、ベルガーリズムとも呼ばれる。

引用元:アルファ波 - Wikipedia

 

ステッパー運動を始めとした、

定期的なリズムを刻む運動

脳からα波が出ることが

分かっているそうです。

 

α波が出ている脳からは、

「脳の快楽物質」と呼ばれる

ベータエンドルフィンという

ホルモンが分泌されています。

 

このベータエンドルフィンが、

脳の疲れやストレスに有効とされており、

(放送内の表現で言うと)

脳内麻薬として脳の疲れに働きかけるとのこと。

 

また、リズム運動には、

α波の他にも「セロトニン」が分泌されて

安心感が増したり、メンタルが安定する

ことも分かっています。

 

→ Amazonで『ステッパー 』を検索してみる

→ 楽天市場で『ステッパー』を検索してみる

→ Yahoo!ショッピングで『ステッパー』を検索してみる

 

ステッパーが無理ならガムを噛むのも有効

 

f:id:takumino:20190417123647j:plain

 

ステッパーなんか家や仕事場で使えない!(買えない)

 

という人は、

ガムを噛むのもオススメです。

 

ガムを噛むのは、

一定の咀嚼運動なので、

セロトニンの分泌も期待できますし、

脳の反応速度などにも影響されると言われてます。

 

あとは、早歩きの散歩を外で行うのも

脳覚醒の効果があります。

 

大きなリラックス効果等が期待できる、

自然の中(例えば森)などで

早歩きの散歩などを行うのが

一つの理想形と言えます。

 

これらはアクティブレスト

(軽い運動で疲れをとる)

という考え方にも繋がっており、

 

軽い筋トレや有酸素運動などを

日常に取り入れるのも、

体の疲れをとるのに有効と言えます。

 

(反対に)

休んだことにならないものには

依存性や中毒性が高いものが挙げられ、

 

酒やタバコなどは

疲れをとることには繋がりませんし、

 

「脳を興奮状態に持っていくような行動」

は、休息という意味では

逆効果 だと考えられます。

 

刺激では脳は休まらない!

 

という事実は、

しっかり押さえておきましょう。

 


スマホを使った読書アウトプット術

 

f:id:takumino:20190417124321j:plain

 

(個人的には)

スマホを使った読書術が、

今回の放送の一番の実践的内容だと思います。

 

と言ってもやり方は簡単で、

 

本のカバーでスマホを隠し、

頭に入れたい部分を

アプリのメモ機能などを使い

その場で要約していくだけ。

音声入力を使うのもオススメ

 

f:id:takumino:20190417124109j:plain

(イメージとしてはこんな感じ)

 

ポイントは下記の通り。

 

  • スマホを目に見えないようにしておく
    (集中力維持のため)
  • 要約する時は、本を閉じて自分の頭でまとめる
    (思い出す作業とワンセットで行う意識が重要)

  • 要約できない場合は、再度書籍を読み返す

 

記憶の定着には、

思い出す作業と内容を要約することが

非常に効果的と言われています

 

要約作業を読書しながら、

その場で行えるのが

今回のスマホ読書術のメリット。

 

スマホを常に持ちながらも、

自分の視界から隠すのもポイントです。

(視界にスマホが入るだけでも、

集中の妨げになると言われている) 

 

スマホ落下防止や触っている感覚を

減少させるために、

「指に引っ掛けるストラップ」等が

あると実践しやすいと思います。

 

【SMA-BELT(スマホ用ホルダー)】

[2019.04.17 Amazon 価格 1,350円 レビュー平均3.9]

 

自分も書籍等をブログでまとめる際は、

スマホのメモ機能を使いながら、

「音声入力で要約している」ので、

 

その作業を更に習慣化させる意味でも

スマホ読書術」

を取り入れてみようと思います。

 


メンタリストDaiGoさんの『脳覚醒!集中しまくっても疲れない脳の作り方』を観た まとめ

 

今回の放送のポイントはこちら。

 

  • 座りすぎは心筋系疾患による死亡リスクを高める
    (スタンディングデスクの導入がオススメ)

  • 一定のリズムを刻む運動は、脳のリラックス効果などを高める
    (α波・ベータエンドルフィン・セロトニン等)

  • ステッパーを使いながらのインプット作業は効率が上がる

  • スマホを使って、その場で書籍の内容を要約するのもオススメ

 

スマホ読書術に関しては、

アームバンドを使用してみても

面白いかなと考えております。

 

【ランニングアームバンド(スマホ用)】 

[2019.04.17 Amazon 価格 999円 レビュー平均4.3]

 

読書中の即アウトプットが習慣になると、

更に効率的な学習が可能になる

ものと期待しております。

 

まずは一度導入してみて、

気づいた点や改善点等があれば

また記事にまとめてみます。

 

また、ステッパーによる恩恵は、

(運動の習慣化を始めとして)

計り知れないものがあるなぁと

最近は感じております。

 

雨の日でも自分のペースで

運動できる点は大きなメリット

 

ステッパーの

ダイエット効果等に関しては、

過去記事でまとめてあります。

www.takumiate.com

 

今回の記事が、

あなたの効率的な学習に

少しでも役立てば幸いです。

 

また更新します。

そんじゃ、またね!

 

< 関連記事 >

www.takumiate.com

 

<サイドステッパーレビュー記事 >

www.takumiate.com

 

※ブログ管理者タクミは、ツイッターでフォロワーさん募集中です。 

相互フォロー歓迎なので、気軽にコメント等いただけたら嬉しいです。

タクミ (@takumijyuku07) | Twitter

 

 

スポンサーリンク