タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

親密度が高まる6つの法則!メンタリストDaiGoさんの『外見褒めはNG!モテる人の会話とは?』を観たのでまとめてみる(後編)

どうもこんにちは。

タクミです。

 

メンタリストDaiGoさんのニコニコ放送

 

「心理分析してみた」

 

内の

 

『外見褒めはNG!モテる人の会話とは?』

〜 ハーバード・NY州立大の最新研究から

解き明かすモテる会話の秘密 〜

 

を観たので、感想や内容等まとめていきます。

 

※今回は後編記事です

 

YouTubeにて前半部観れます(後半はニコニコ動画のみ。会員登録必要。)


外見褒めはNG!モテる人の会話とは 〜ハーバード、NY州立大の最新研究から解き明かすモテる人の会話の秘密 ↓

 

※当記事は、ニコニコのDaiGoさんの

有料チャンネルに登録した上での感想まとめです。

 

※後編の内容は以下の通り

 

  • 異性との親密度が高まる会話の法則

  • 陰口は時として効果的?

  • お世辞の正しい使い方

 

といった内容を記載しています。

 

『外見を褒めはNG』前編記事はこちら。

(フォローアップクエスチョンなどの内容等を記載)

www.takumiate.com

 

では参ります!

 


 

 


前提として、異性と遊んでいる雰囲気は隠すべきである 

 

f:id:takumino:20190307193735j:plain

 

そもそもの恋愛における

スタンスに関してですが、

 

いわゆるチャラい人間

 

は、恋愛において不利になる

ケースが多いと考えられます。

(無駄に警戒される)

 

放送内の表現を借りるならば、

羊の皮を被った狼

を意識して、

 

異性と遊んでる雰囲気」は

前面に出さないように気をつけましょう。

 

またユーモアはあるに越したことは

ありませんが、芸人のようなスベらない話

などはしない方が無難だと言えます。

(知的センスを匂わせられる内容ならOK)

 

(前編の内容に沿って言うと)

スベらない話ではなく、

スベらない質問

をするように心がけましょう。

 


親密度が高くなる会話の法則 まず押えるべき3つはコレ

 

f:id:takumino:20190307193732j:plain

 

では、親密度が高くなる会話の法則を

紹介していきます。

 

① 会話の内容をエスカレートさせていく

 (エスカレーティング)

 

エスカレートというのは、

具体的に説明すると、

 

徐々に、深い話をしていくこと

 

要は、相手の大事にしている

喜びや悲しみなどの深い感情

最終的に引き出せるような会話が

理想的だと言えます。

 

関係性を深めるのが苦手な人間は、

同じところで足踏みしている」だけの

会話を繰り返す傾向があるそうです。

(玄関先の会話)

 

前回紹介した、

フォローアップ・クエスチョンを使いながら

徐々に相手の懐に入り込めるよう、

意識してみましょう。

 

※いきなり自分から深い話をするのは、

相手の警戒を強めるだけの

結果に終わることが想定されます。

 

※あくまでも相手主導の会話に合わせながら、

(チャンスがあれば)

深い話に持っていくよう意識しましょう。

 

② 互恵性(ごけいせい)を意識して会話をする

 

互恵性

 

f:id:takumino:20190307193738j:plain

 

互いに特別な便宜や利益を

与え合うこと。

 

「持ちつ持たれつ」・「ギブアンドテイク」

などと同意義の言葉。

  

一方通行の会話は絶対にせず、

互いにメリットが感じられるような

会話を組み立てていくことが重要です。

 

互いにメリットってどういうこと? 

 

例えば、共通の趣味があるなら、

話題として最適ですし、

ほぼ確実にお互いが楽しめます。

 

尚、完全な共通点が見つからなくても、

「小さな共通点」を提示していくだけでも、

だいぶ親密度は変わってきます。

小さな部分から膨らませていくイメージ

 

(具体的には)

相手が恋愛小説が好きであれば、

自分も本を読むことをさりげなく

アピールして、共通点を提示してあげる等の

行動はとても効果的だと考えられます。

 

また、自分の話を全くせずに、

相手の話を聞きすぎるのも、

 

「完全な一方通行」と感じさせてしまい、

互恵性に欠ける結果になるので注意が必要です。

 

自慢話だけは絶対に避けながら

自分の情報を相手に上手く

伝えることで、お互いメリット感がある

コミュニケーションが可能となります。

 

f:id:takumino:20190307194347j:plain

 

③ 個人的(パーソナル)な内容を引き出すことを意識する

 

エスカレーティングに付随した内容。

 

普段の休日の過ごし方や、

日常において大事にしている価値観

 

はたまた過去の恋愛事情などの、

個人的な話」を上手に引き出すことができれば、

一気に距離を縮められるチャンスと言えます。

 

ただ、相手からいきなり

個人的な内容や相談をされることは

稀ですよね?

 

これも小さな内容から膨らますことが重要で、

具体的には下記のような流れが考えられます。

 

  • 「休日の話 」

    → ①普段どのように過ごしているのか?
    → ②長期の休みは旅行などいくのか?

  • 「趣味の話 」

    → ①恋愛映画(ドラマ)が好き
    → ②過去は引きずるタイプ?(恋愛絡みの話題)

  • 職場の話

    →①相手がストレスに対して言及 

    →②普段、どうやってストレス発散してるのか?

 

など、色んなパターンが考えられます。

 

相手のパーソナルな情報を引き出すことは、

距離を縮める有効な手段だと考えましょう。

 

(ただし、四六時中パーソナルな

相談ばかりしてくる人は、違った形のリスク

抱えている可能性が高いので注意)

 


悪口のデメリット「自発的特徴変換」について

 

f:id:takumino:20190307195016j:plain

 

自発的特徴変換とは?

 

【 自発的特徴変換 】 

 

目の前の人間が話している内容を、

話している人自身のイメージと

重ね合わせてしまう人間の性質。

 

この自発的特徴変換という性質を、

人間が持っていることにより、

 

悪口を言っている人は、相手に対して、

自分が発している言葉通りのイメージ

を与えていることになります。

 

本当あの人はダメで、仕事できないよなぁ。

 

などと、人のマイナス点ばかり

他人に話してしまう人は、

自分自身のイメージを傷つけている

ことになるので注意しましょう。 

 

(また、ブログを書いていて気づいたのですが、

この自発的特徴変換はテキストベースでも

適用されていると考えられます。)

 

自分が話したり、発信している情報が、

周りからのイメージと重なってくると

考えた方が間違いないかなと。

 

陰口に関してはケースバイケース

 

f:id:takumino:20190214131109j:plain

 

ただし、

使い方によっては陰口の類が親密度を増す

結果につながる場合もあります。

 

2006年、オクラホマ大学

によって行われた研究によると、

 

嫌いな相手が共通している場合

 

に限り、陰口やネガティブな話題が

二人の親密度を高めたとのことです。 

 

これは、ネガティブな話題や陰口

一般的な内容よりも情報量が多いので、

 

結果的に会話が弾み、

親密な関係づくりに

役立ったものと推測されます。

 

ただ、嫌いな相手が共通していない場合、

(言わずもがな)

悲惨な結果に直結することは、

肝に銘じておきましょう。

 


親密度が高くなる会話の法則 残り3つを紹介していく

 

f:id:takumino:20190307195021j:plain

 

④ 自己開示をする

 

これは過去記事でも扱った内容ですが、

人間が親しい関係性を築くためには、

自ら「自己開示」していく姿勢が必要です。

 

相手から情報を引き出したい場合、

まずは、自分から相手に情報を

差し出してあげると、

 

相手も気を軽くして、

色々話をしてくれるようになります。 

返報性の法則

 

自己開示しやすい情報としては、

健康や趣味、悩みや心配事、

(ある程度踏み込んだ内容もアリ)

はたまた将来の夢などがあります。

 

特に年齢が若い時に、

将来の目標やビジョンを上手に明かすことは、

自分の可能性を感じさせることに繋がるので、

オススメできる方法と言えます。

(お金を稼ぎたいなどの直接的な表現はNG)

 

⑤ ボディタッチを上手に混ぜていく(親密行動)

 

日本人が苦手と言われているボディタッチ

 

(放送内では、比較的自然に触れられる

二の腕の部分を2秒以内で触れるのが目安と説明あり)

 

上手なボディタッチは、

親密な関係を築ける行動だと言われています。

(日本と海外の文化の違いもありますが)

 

ただし、日本人の感覚で考えると、

普段の会話でいきなりボディタッチするのは

非常に危険ですよね?

 

ボディタッチが使えるシーンとしては、

 

いわゆる「つり橋効果

が期待できるような場面において、

(恐怖等を共有できるアトラクション等)

会話しながら上手に混ぜてみたり、

 

異性をエスコートしても、

違和感がないようなシーンで

使うのが一般的かなと思います。

 

f:id:takumino:20180802063729j:plain

 

⑥ 第三者の良いところを話題にする(お世辞OK)

 

お世辞なんて私は言いたくない!

 

という方も多いと思われますが、

 

目の前の相手ではなく、第三者に対する

お世辞やポジティブな会話

 

といった部分がポイントとなります。

 

これは先ほど説明した、

自発的特徴変換

を良い方向に活用した内容とも言えます。

(話している内容が自己イメージと重なる)

 

この場合の第三者とは、共通の知人の他にも

芸能関係などの有名人の話題でも構いません。

 

難易度が高い悪口の共有よりは、

使いやすいテクニックだと思うので

ぜひ試してみてください。

 


メンタリストDaiGoさんの『外見褒めはNG!モテる人の会話とは?』を観た 総合まとめ

 

前編・後編を通した、

今回の記事のポイントはこちら。

 

  • (前編で説明した)フォローアップ・クエスチョンは多用するべき

  • 自発的特徴変換を理解した上で、第三者の良い部分を話題にする

  • 相手から上手に、個人的な情報を取得するスキルも必要

  • 徐々に深い話に持っていくよう意識する

 

まあ、恋愛に限らず

コミュニケーションに関しては

慣れの部分が大きいですよね。

 

今回の内容も、完璧に全部こなそうとすると

見事撃沈する可能性が高いのかなと(笑)

 

恋愛に慣れていない人は、

まずフォローアップクエスチョンを使った、

相手との共通点探しのみに

集中してみるのもオススメです

 

尚、モテる人の特徴に、

言語知性が高い

という内容があります。

 

 例えば、相手に対して

お世辞や褒める行為をとる際は、

 

直接的な表現よりは、

他の物事に例える比喩的表現

を使った方がはるかに好感度が高いそうです。

(効果の差は約2倍とのこと)

 

特に比喩の創造性が高ければ高いほど、

その効果は増します。

 

顔も性格も悪いのに

なぜかモテる人のパターンには、

実はこの言語知性が

関わっている可能性があります。

 

知性的な人間はモテる

 

ということは覚えておいて、

損はないと思います。

(知的さを感じさせるユーモアなどは

好感度を高める上で、かなり効果あり)

 

結局モテる人というのは、

(今回の内容をある程度押さえた上で)

 

経験に裏打ちされた知性や余裕

 

を感じさせる人間のことなのかもしれないですね。

 

非モテの特徴をまとめた過去記事もオススメです。

www.takumiate.com

 

今回の内容が、

(異性関係だけに留まらず)

あなたのコミュニケーション全般に

役立つ記事であれば幸いです。

 

また更新します。

そんじゃ、またね!

 

※ブログ管理者タクミは、ツイッターでフォロワーさん募集中です。 

相互フォロー歓迎なので、気軽にコメント等いただけたら嬉しいです。

タクミ (@takumijyuku07) | Twitter

 

 

スポンサーリンク