タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

ハーバード式モテる科学!メンタリストDaiGoさんの『外見褒めはNG!モテる人の会話とは?』を観たのでまとめてみる(前編)

どうもこんにちは。

タクミです。

 

メンタリストDaiGoさんのニコニコ放送

 

「心理分析してみた」

 

内の

 

『外見褒めはNG!モテる人の会話とは?』

〜 ハーバード・NY州立大の最新研究から

解き明かすモテる会話の秘密 〜

 

を観たので、感想や内容等まとめていきます。

 

YouTubeにて前半部観れます(後半はニコニコ動画のみ。会員登録必要。)


外見褒めはNG!モテる人の会話とは 〜ハーバード、NY州立大の最新研究から解き明かすモテる人の会話の秘密 ↓

 

※当記事は、ニコニコのDaiGoさんの

有料チャンネルに登録した上での感想まとめです。

 

※今回の記事は前編です。

 

  • 異性にモテるための最重要スキルとは?

  • 異性との話を膨らませるためのポイント

  • なぜ外見を褒める行為はNGなのか?

 

といった内容を記載しています。

 

では参ります!

 


 

 


モテる人とは、「次も会いたい」と思われる人のことである

 

f:id:takumino:20190306151522j:plain

 

イケメン・美女が結局モテるんだから、無駄な努力をしてもなぁ。

 

と恋愛の話になると、

消極的になる人もいるかと思いますが、

 

確かにイケメン・美女が恋愛に有利である

ことは、間違いありません。

 

(しかも見た目が良い人は、

性格も良い傾向があるとのこと)

 

ですが、それは短期的なスパンの

恋愛においてという前提になります。

(ワンナイト・ラブ)

 

3ヶ月以上の継続的な付き合いが前提となると、

人間はいわゆるコミュニケーションの部分が

非常に重要になってきます。

 

そして、今回の放送のポイントは、

 

恋愛とはコンタクトスポーツである

 

と心得ることだと言えます。

 

コンタクトスポーツ、

すなわち恋愛とは、

 

「顔をあわせる回数だったり、

連絡を取る回数が多ければ多いほど、

有利に働くようになっている」

 

(ということは)

イケメン・美女には短期決戦では

敵わないけれども、

 

もう一度会いたい

 

と相手に思わせることが可能であれば、

 

中長期的にみて、恋愛関係に繋げられる

可能性が誰にでもあるということだと

考えられます。

 

では、

もう一度会いたいと思われる人間の特徴

とは一体なんでしょうか?

 

恋愛の鍵を握るのが、

「質問力」というスキルになります。

  


モテる人は相手に対する質問の回数が多い

 

f:id:takumino:20190306151511j:plain

 

以下の内容は、

 

2017年のハーバード大学による、

「お見合いパーティにおける分析結果」

を基にしてまとめてます。

 

お見合いパーティってなんなの? 

 

と思われると思いますが、

 

(日本式の1対1のお見合いではなく)

 

多数の異性が集い、限られた時間の中で

複数人とコミュニケーションを取りながら、

次回にデートの約束をする異性を探す

(日本でいう)婚活パーティのようなものです。

 

そのお見合いパーティで人気が高かった

男女には一つの共通点がありました。

 

それは、

異性に対して質問を行う回数が多かった

という特徴。

(相手に興味を持つ姿勢)

 

質問が多かったということに関して、

具体的な数字は、

15分間に9回以上の質問をする

ことが一つの目安となるそうです。

 

反対に、質問が少ないとみなされるのは

15分間に4回以下

の質問しかできない人を指すようです。

 

また、質問をする際は、

「短い時間に効率的に行うこと」が重要です。

行動の密度が大事

 

質問の回数が多すぎて無理。結局自分なんて・・・。

 

と、諦めてしまう前に

一つ効果的な質問を行うための

重要テクニックを紹介します。

 


効果的な質問を行うために「フォローアップ・クエスチョン」を心がける

 

フォローアップ・クエスチョンとは?

 

f:id:takumino:20190306153225j:plain

 

今回の記事の最重要ポイントも言える

「質問力」を自然に高める方法として

身につけたいのがフォローアップ・クエスチョン

 

フォローアップクエスチョン」とは、

相手が話した内容をベースにして、

質問を返していくテクニック。

(フォローアップ→追いかけるという意味)

 

具体例を挙げますと、

 

最近、本を読みましたー。

 

へーっ。どんな本なの?(相手に興味を持つ)

 

お金に関する本なんだけどさぁ。

 

お金っていうと投資か何かの本?(フォローアップ)

 

ポイントは、

この短時間に2回の質問を行っているという事実

 

あとは相手の話を聞きながら、

うまく質問を返し、

(時には自己開示も混ぜながら)

話を膨らませていく流れとなります。

 

(上手なコミュニケーションをとるコツは、

相手との共通点を探していくことです)

 

小さな共通点を探していくことが重要

 

f:id:takumino:20190306153206j:plain

 

相手の話を聞くと同時に、

自分の話も少しはさんでいくことも重要です。

 

例えば、

 

最近、運動始めました!

 

へーっ、自分も運動しなきゃって思ってるんだよね。どんな運動しているの?(運動に興味あることを暗に伝える)

 

外でランニングしてるんだよね。まだ始めたばかりだけど。

 

自分もランニング始めようかなぁ。始めたきっかけとかあったの?

 

と、こんな感じで多少の自己開示をしながら、

相手との小さな共通点を見つけて、

膨らませていくことが大事です。

 

コミュニケーションは一方通行では成り立たず、

互恵性を必要とするものなので、

(自分の話ばかりするのは、もってのほかとして)

相手の話をしっかり聞きつつ、

自分の情報も小出しにしていきましょう。

 

互恵性の重要性も含んだ

親密度が高まる会話6つの特徴

は後編記事にてまとめる予定です。

  


外見を褒めるのは基本的にはNG行為である理由

 

f:id:takumino:20180827211755j:plain

 

今回の放送の主題でもある

「異性の外見を褒める行為」

についてですが、

 

結論から言うと、

 

会って間もない関係であれば、絶対に避けるべき!

 

だと言えます。

 

会って間もない人間から、

外見を褒められた異性の反応を

端的に表現すれば、

 

所詮、表面しかみてないのね。サ・ヨ・ナ・ラ

 

ということであると言えます。 

 

関係性が構築されてない段階では、

相手の外見を褒めても、

深い関係を構築するのに役立たない

と考えましょう。

浅い人間と思われるリスクも高い

 

 ただし、

「出会ってから16ヶ月以上経過」しており、

互いに気心がしれている場合は、

 

中身より、むしろ外見を褒める

方が、好感度が上がるそうです。

 

出会って間もない頃は、

まず外見以外で好感を持てる部分、

 

または共通点、ないし互いに

興味を持てる内容を探していくことが、

 

結果的に恋愛へと発展する可能性を含んだ

良質なコミュニケーションであると考えましょう。

 


ハーバード式モテる科学!メンタリストDaiGoさんの『外見褒めはNG!モテる人の会話とは?』前編まとめ

 

今回の記事のポイントはこちら。

 

  • 質問の回数を増やすことは、恋愛において重要なポイント

  • 上手な質問をするために、「フォロー・アップクエスチョン」を心がける

  • 出会って間もない段階では、外見を褒める行為はNGである

  • 自分語りや、過度なアピールは百害あって一利無し

 

もう少し、質問をするということを

掘り下げて考えていくと、

 

(興味を持つという姿勢が大前提で)

相手の好きなことや身につけてるものに

注目して、言及していく行動

「質問をする」ということだと言えます。

 

また、根ほり葉ほり

なんでも聞くのではなく、

 

あくまでも相手主導の内容で、

自然に質問を返していくこと

がモテルために必要なスキルと考えましょう。

(恋愛に限らず、コミュニケーション全般に言える内容)

 

今回の内容は、

 

実際に顔を合わせてのコミュニケーション

はもちろんのこと、

オンラインチャット上でも

有効性が認められている内容である

いうことにも触れておきます。

テキストベースでも質問は有効な手法

 

質問の重要性はわかったけど、他にモテるために必要なことはないの?

 

という方向けに、

「モテる人の会話とは?」後編では、

 

親密度を高める会話6つの特徴

という主題で記事をまとめてみました。

 

後編記事はこちら。

www.takumiate.com

 

では前編記事はここまで。 

そんじゃ、またね!

 

※ブログ管理者タクミは、ツイッターでフォロワーさん募集中です。 

相互フォロー歓迎なので、気軽にコメント等いただけたら嬉しいです。

タクミ (@takumijyuku07) | Twitter

 

 

スポンサーリンク