タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

カバートアグレッション5つの対策!メンタリストDaiGoさんの『いいひとのふりしてあなたを攻撃してくるカバートアグレッション』まとめ(後編)

どうもこんにちは。

タクミです。

 

メンタリストDaiGoさんのニコニコ放送

 

「心理分析してみた」

 

内の

 

『いいひとのふりしてあなたを攻撃してくる

カバートアグレッション』

 

を観たので、感想や内容等まとめていきます。

 

今回は、後編記事。

 

主な内容として、

カバートアグレッションへの対策

をまとめております。

 

YouTubeにて前半部観れます(後半はニコニコ動画のみ。会員登録必要。)

www.youtube.com

 

※当記事は、ニコニコのDaiGoさんの

有料チャンネルに登録した上での感想まとめです。

 

  • カバートアグレッションに対する対策を知りたい

  • もしかすると自分がカバートアグレッションかもしれない?

 

と考えている方向けの記事です。

 

 前編記事はこちら。

(カバートアグレッションの特徴等を記載してます)

www.takumiate.com

 

 では参ります!

 


 

 


大前提としてカバート・アグレッションに対しては行動で判断しよう

 

f:id:takumino:20190130173048j:plain

 

カバートアグレッションって、コミュニケーション能力も高そうだし対策なんかできるの?

 

とお悩みの方に、まず考えてほしいのが、

 

相手が自分に害を与えてくる人間なのかどうか?

 

をまず判断するということ。

 

言っていることと、行動が伴わないのが

カバート・アグレッションの厄介な所。

 

ただ、確実に言い切れることが

 

あなたを大事に思っている人間が、危害を加えてくるわけがない

 

という一点。

 

(本当に大事に思っているのに

マイナスの影響を与えてくる人間がいたら、

もう別の問題だと考えた方がいいかなと 汗)

 

世の中には不可抗力という

言葉もありますが、

冷静に考えても

 

相手が攻撃を仕掛けてきている

と感じた時に、

 

単なる誤解だった

 

という可能性は限りなく低いはずです。

 

(これは放送外事項ですが)

結果的に誰が得をしたのか?又は得をするのか?

 

を考えれば、複雑に見える状況も

多少は整理しやすくなると思います。

 


カバート・アグレッションへの5つの対策

 

f:id:takumino:20190130173039j:plain

 

では本題である、

カバート・アグレッションへの5つの対策

紹介していきます。

  

① しっかり線引きを行う

 

線引きというのは、

具体的に言えば

 

自分がどこまで許容できるのか?

 

を自分自身でしっかり把握しておくことです。

 

相手に違和感を感じたとしても、

 0か100かの対応がしづらい場合も

あるかと思います。

(所属しているコミュニティの事情等々)

 

ですが、あまりに相手の攻撃が酷い場合は、

然るべき対応が必要となります。

 

自分の中の一線を越えてきたら、

絶対にNOという意思を明確に伝えること

 

また、相手の攻撃が酷くなった場合の、

具体的な行動策を決めておくことも重要です。

 

いざという時はパニックなどで、

思考や決断力が落ちている可能性が高いため

 

まずは、然るべきシーンで、

自分をサポートしてくれる仲間

いるのかどうかを再確認。

 

カバート・アグレッションが疑われる

人間とコミュニケーションをする上で、

自分は何を求めているのか?

 

デメリットしかないのであれば、

本当に付き合う必要があるのか?

 

余裕がある時に、しっかり考えて

緊急時にも即行動に移せるよう

準備をしておきましょう。

 

② カバート・アグレッションの狙いを理解しておく

 

相手の狙いは何なのかを

事前に把握しておくことも重要です

 

前提として

対象者をコントロールしたい

という欲求があるのは間違いありませんが、

 

なぜ、コントロールしたがっているのか

更に考えてみる必要があります。

 

(突き詰めてみると)

恋愛のいざこざである可能性もありますし、

会社であれば権力争いを挑んできている場合もあります。

 

相手が自分を攻撃することで、

どういった結果を期待しているのか?

 

例え明確にならないとしても、

相手が期待する方向性だけでも

把握しておくことが重要です。

 

質問や悩んでいるフリをして、

攻撃してくる人間の反応を見るのも

有効な手段だと思います。

 

テンションの上がり下がりで、

狙っている方向性を把握できることが多い

 

③ 絶対にカバート・アグレッションの言い訳を認めない

 

f:id:takumino:20181026211038j:plain

 

カバート・アグレッションの性質を持つ人間は

逃げようとする時の言い訳が上手なので、

一見、言い分があるように感じてしまいます。

 

・・・しかし、

 

絶対に相手の言い訳を認めるのは

止めましょう

 

言い訳を認めた途端、

お得意の自己正当化が始まり、

(下手すれば)事実の矮小化を皮切りに、

再攻撃してくるケースも考えられます。

 

少しでも相手に譲歩したら終わりです。

(その位の気持ちで事に臨みましょう)

 

俺はお前のタメを思って・・・。

 

なんて言われても無視をして、

(必要があれば)

事実の確認を優先的に行いましょう。

 

④ なるべく直球で勝負する

 

f:id:takumino:20190130173042j:plain

 

カバート・アグレッションが得意なのは

遠回しな(陰湿じみた)攻撃

 

一方、苦手なのは

 

言質(証拠)を取られたり、

明確な回答しかできないような質問

浴びせられること。

 

なので、自分からダイレクトな質問をしてみて、

その時の反応や行動をみて、

しっかり相手を見定めることが重要となります。

 

実際、僕の会社に一人、

カバート・アグレッション

としか思えない上司がいますが、

 

対策として、

 

重要なシーンでは、

常にYES・NOでの回答

求めるようにしています。

(この辺りは実体験記事として別にまとめる予定)

 

カバート・アグレッションの戦法は、自分には通用しない!

 

と、相手に思わせることが

自衛に繋がることを覚えておきましょう。

 

⑤ 最終的には敵に回さないよう気をつける(できればWIN WIN)

 

ここまでの対策で、

ある程度の距離感をとることに

成功したら、

 

最終的には敵に回すことは止めた方が無難です

(反撃しすぎない様に注意する)

 

というのも、

カバート・アグレッション的人間は、

徹底的に負けを嫌うという特徴があります。

 

(自衛のためとは言え)

反撃や対策もやり過ぎてしまうと、

完全な消耗戦に突入する可能性が

高くなります。

 

 DaiGOさんオススメの考え方は、

 

自分の譲れない範囲外の物は、

相手に譲ってしまおう

 

といった割り切った思考法。

 

グレーゾーンを抱えたまま、

落とし所を模索する方法とも言えます。

 

相手の自尊心をくすぐってあげて

踊らせてあげるのも有効かと。

 

後腐れなく対応可能であれば、

タイミングを測って、

絶縁というのも致し方ないかなとも思います。

 


もし自分がカバート・アグレッションだったとしたら?

 

f:id:takumino:20181027222132j:plain

 

放送を見た人の中には、

 

(自分自身が)カバート・アグレッションだった・・・。 

 

という人もいるかもしれません。

 

もし当てはまる傾向が強い人は、

 

まず対人関係において、

自分のコントロール欲求を満たそうとする行為

絶対に止めましょう。

 

また、

カバート・アグレッションに

対する知識が豊富な人や、

 

ストレートな物言いで動じないタイプ

敵に回すと、思いがけない火傷を

負う可能性もあります。

 

実際、自分の上司は過去の行為が露呈して、

社内における評価査定を大きく下げられました

 

他人から認められたいが先行して、

(周りの評価を下げることで)

相対的な評価を得ようと考える人間が

 

カバート・アグレッションに陥りやすい

 

傾向にあるので注意しましょう。

 


カバートアグレッション5つの対策!メンタリストDaiGoさんの『いいひとのふりしてあなたを攻撃してくるカバートアグレッション』総合まとめ

 

カバート・アグレッション対策のポイントはこちら。

 

  • まずは自分の許容範囲を決める意味で、線引きを行う

  • 攻撃された場合に備えて、準備をしておく
    (仲間の存在や、コミュニケーションの要否の確認)

  • カバート・アグレッションに対する知識の獲得

  • 言い訳を許すことなく、譲歩しない

  • ダイレクトな反応を探る様に心がける
    (YES・NOで明確に答えられるような質問等)

  • 最終局面では、敵に回さない方が無難
    (折れるべき所で折れる意識が必要)

 

全体的まとめとしては、

カバート・アグレッションの特徴や対策

をしっかり理解した上で、

 

⑴ まずは自分の安全を確保する

 

⑵ 適度な距離感で経過観察

 

⑶ どうしても被害を被る様なら絶縁も視野に入れる

 (傷つけずに関係を断つ方法を探す)

 

⑷ 巻き込まれそうな時は極力傍観する

 (ターゲットになると面倒臭い)

 

を心がけることをオススメします。

 

闘う場合は、

こちらの被害も覚悟しなければなりません。

(諸刃の剣の発想)

 

尚、今回の対策は

人間関係全般ではなく、

 

あくまでもカバート・アグレッションに対する

対策の紹介記事ということを強調しておきます。

 

なんの悪意もない人間に実践しても、

自分が孤立するだけです 笑

 

まあ、ターゲットにされない様な

生活を送るのが一番ですし、

 

ターゲットにされても、

その戦略は通用しないということを

暗に伝えるのが一番なのかなと思います。

 

今回紹介した

カバート・アグレッションのような、

 

「悪意のある人間」

への理解を深める意味で、

この記事が役に立てれば幸いです。

 

また更新します。

そんじゃ、またね!

 

今回の放送の元ネタ

ジョージ・サイモン氏の書籍 

 

こんな書籍もオススメです。

(500P近くあるので読むのに時間はかかります)

 

※ブログ管理者タクミは、ツイッターでフォロワーさん募集中です。 

相互フォロー歓迎なので、気軽にコメント等いただけたら嬉しいです。

タクミ (@takumijyuku07) | Twitter

 

 

 

 

スポンサーリンク