タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

謝罪で炎上するパターンはコレ。メンタリストDaiGoさんの『ダメな謝罪とイイ謝罪の違い』を観たのでまとめてみる

どうもこんにちは。

タクミです。

 

突然ですが、あなたは

謝罪をするべきタイミングや本当の理由

について答えられますか?

 

f:id:takumino:20190115134056j:plain

(定番の号泣議員のフリー画像から今回はスタート!)

 

メンタリストDaiGoさんのニコニコ放送

 

「心理分析してみた」

 

内の

 

『某アイドルの謝罪に学ぶ

ダメな謝罪とイイ謝罪の違い』

 

を観たので、感想や内容等まとめていきます。

 

YouTubeにて全て観れます。(14分程度なのでサクッと視聴可能)


某アイドルの謝罪に学ぶ、ダメな謝罪とイイ謝罪の違い

 

 ※当記事は、ニコニコのDaiGoさんの

有料チャンネルに登録した上での感想まとめです。

 

  • そもそも謝罪の目的とは何ぞや

  • 炎上する謝罪のパターン

 

などについて説明しております。 

では早速参ります!

 


 

  


まずは謝罪する目的をしっかり理解しておこう

 

そもそも何のための謝罪なのか?

 

謝罪の目的?そんなもん悪いことをしたからじゃん。

 

悪いことをしたら謝るって幼稚園で教えてもらった 。

 

などと思われるかもしれませんが、

そもそも謝罪をする目的は明確に存在します。

 

f:id:takumino:20190115134049j:plain

 

今回の放送の要点を一言でまとめると、

 

大衆や集団の共感を得るために、
謝罪を行うと考えるべきである
。」

 

と言えます。

 

違う!相手に心から許してもらうために謝罪を・・・。

 

そうです。

 

(相手が許してくれる状況を作るためにも)

大衆や集団が納得するような

シチュエーションが必要となるのです

 

一例として、

良くありがちな飲食店での

トラブルを例に考えてみましょう。

 

こんなトラブルが起きた場合、どう考える?

 

例えば飲食店に、

あなたがお客として食事をしている際 、

 

再三のミスを店員が犯したとして、

あなたが店側に謝罪を求めたとします。

オーダーミス・水こぼした・請求金額の誤り等

 

その際は、

現場のスタッフが謝るよりは

しかるべき立場の店長

 

または店の運営側の責任者が出てきて

謝罪してもらったほうが

収まりがよくなりますよね?

 

あなたにそこまで謝罪してもらえるなら・・・ 。

 

これなどはまさに、

見ている全員が納得する形に持っていくための謝罪

の典型的パターンだと言えます。

 

(現場のスタッフが謝り続けている状況は、

周りから見ても店側に共感しづらい)

 

大衆や集団を共感(納得)させるために

謝罪をするように心がけることで、

結果的に当事者からも許しを得られる

可能性が高くなると考えましょう。

 

大衆が共感を示しているのに、許しが得られない場合、

許さない側の人間が不利な状況に追い込まれます

 


良い謝罪をするための2つのポイント 

 

f:id:takumino:20190115134053j:plain

 

以上を考えてみると、

良い謝罪には次の2つのポイントがあることが

分かってきます。

 

① 大衆の共感を得られる謝罪かどうか

 

大衆や集団から共感を得られるかどうかが

良い謝罪か悪い謝罪かのわかれ目となります

 

これは芸能事務所などの

世界に限らず、一般的な組織でも

同じことが言えます。

 

大衆や集団(いわゆる世論)を味方にすることで、

謝罪も適切な効果を発揮し、

相手から許しを得やすくなります。

 

はたまた、大衆の共感を得られない謝罪は

逆効果となり、良く言われる

 

謝らないほうがマシ

 

という事態を引き起こします。

 

この目的をクリアにしておかないと、

謝罪が逆効果となり、

世論が炎上する可能性が高くなると言えます。

 

② 誰が謝るのかが重要(責任者の務め)

 

誰が謝るのかも、

とても重要なポイントです。

 

会社が大きくなればなるほど、

責任の所在が分からなくなり、

謝罪する役割がたらい回しにされた結果、

 

一番弱い立場の人間が謝る

 

といったケースが起きやすくなります。

組織における当事者意識の欠如

 

このパターンは、

前述した大衆の共感を得るどころか、

反感を招く典型例と言えます。

 

何で悪くない被害者が謝っているんだ!

 

さっさと責任者を出せ!

 

こうならないためにも、

早めに責任者を出し、

事態の収拾を図るのが得策と言えるでしょう。

 

ここから先は、放送外の内容となります

 

最近あった問題や、炎上を例に挙げて、

「謝罪をする」という行為について、

もう少し考えていきましょう。

 


最近の炎上例を二つほど挙げて考えてみよう。(放送外内容)

f:id:takumino:20190115134058j:plain

 

CASE1:某女性アイドルグループ 謝罪問題

 

今回の放送のタイトルにもある、

女性アイドルグループの一連の問題。

(暴行未遂)

 

これなどはまさに、

先ほどの2つのポイントからかけ離れた

事務所なり運営側の判断だったと言えます。

 

⑴まずは責任者が出るべき場面で、

被害者とされる人間が謝罪を公に行う。

弱い立場からの謝罪

 

⑵大衆が共感を示すどころか、

火に油を注ぐような対応。

隠蔽体質・運営側の当事者意識の欠如

 

上記二つの理由により、

世論を敵に回した結果、

早期の収拾は絶望的に。

 

謝罪の目的が、

全く見えてなかった運営側の失態と言えます。

 

(問題の本質は、グループ内の確執等もあるようですが、

謝罪の目的の話から遠ざかるので、言及はここまでと致します)

 

もう一つ、

SNSでの炎上例も見てみましょう。 

  

CASE2:某自称ビジネス系サロン 炎上問題

 

これは主にツイッターで炎上した問題。

 

サロン側の運営に携わる人間の

「経歴詐称が疑われた」

にも関わらず、

代表者から適切な説明が得られず、

 

サロンに近い人間からも、

代表者への問題指摘が相次いだ問題。

 

サロンの代表者の主張は、

 

何も悪いことしてないのに、謝る必要などない。(昭和的謝罪圧力はナンセンスw)

 

の一辺倒。

 

かつ、

サロン運営を正当化させるためと思われる

攻撃的な主張を崩さなかったため、

 

早期の問題解決に失敗し、

結果的に、大失態を犯す結果になったのかなと。

 

これも、

謝罪をする、そもそもの目的

が全く見えてないことが原因による問題です。

 

「疑惑が生じた時点で、関係者やサロン生に、

動揺を与えた事実に関して謝罪をする。」

大衆の共感を得るためにも

 

が本来取るべき行動だったのかなと。

 

本来するべき謝罪を放棄した結果、

もたらされた大きな失敗と言えます。

 

(サロン運営側が何と言おうが、

イメージダウンを、サロン内外に

もたらしたのは事実)

 


謝罪で炎上するパターンはコレ。メンタリストDaiGoさんの『ダメな謝罪とイイ謝罪の違い』を観た まとめ

 

ということで、

今回の放送の要点は下記の通りとなります。

 

  • 大衆・集団の共感を得るために謝罪をすると考える

  • 謝るべき人間は誰なのかを、しっかり見極める
    (間違っても被害者や現場の人間に任せない)

  • 謝罪をする目的について、しっかり把握しておく
    (謝るべき時に、しっかり謝れるようにする)

 

誰が悪いとかいう幼稚な話ではなく、

しっかり謝罪をする効果や目的を見据えた上で、

適切な行動を取れるよう準備しておくことが重要かと。

 

特に責任ある立場を任せられている人間なら、

尚更、「謝罪の効果」をしっかり認識しておく

必要があると思います。

 

→ Amazonで謝罪に関する書籍を検索してみる

→ 楽天ブックスで謝罪に関する書籍を検索してみる

→ Yahoo!ショッピングで謝罪に関する書籍を検索してみる

 

また更新していきます。

そんじゃ、またね!

 

自称インフルエンサーに関する過去記事

(全くオススメできません)

www.takumiate.com

 

※ブログ管理者タクミは、ツイッターでフォロワーさん募集中です。 

相互フォロー歓迎なので、気軽にコメント等いただけたら嬉しいです。

タクミ (@takumijyuku07) | Twitter

 

 

スポンサーリンク