タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

デタッチドマインドフルネスとは?DaiGoさんの『サイコパス式アホを相手にしないスルーの技術』を観たのでまとめてみた

どうもこんにちは。

タクミです。

 

あなたは、

「イラっとする人間をスルー」することが出来ますか?

 

f:id:takumino:20181227162054j:plain

 

感情が逆撫でされるだけでも、

生産性が落ちたり、集中力が落ちたり、

良いことは何一つありませんよね。

 

かといって、

無理に感情を抑えるのも長い目で見れば、

良い結果にならないこともしばしば。

 

そこで今回は、

 

メンタリストDaiGoさんのニコニコ放送

 

「心理分析してみた」

 

内の

 

サイコパス式アホを相手にしないスルーの技術』

 

を観たので、感想や内容等まとめていきます。

 

YouTubeにて前半部観れます(後半はニコニコ動画のみ。会員登録必要。)


サイコパス式アホを相手にしないスルーの技術

 

※当記事は、ニコニコのDaiGoさんの

有料チャンネルに登録した上での感想まとめです。

 

  • 感情が抑えられなくて悩んでいる

  • イラっとすることが多く、対処法が分からない

  • サイコパスについて、悪いイメージしか浮かばない

 

といった方向けの記事です。

 

総じて、

ネガティブな感情が生じた際の

スルーする方法や考え方の紹介となります。

 

では早速参ります!

 


 

 


まずはサイコパスの強み・弱みについて理解しよう 

 

まずはサイコパスの一般的な定義から確認。

 

f:id:takumino:20181227162052j:plain

 

サイコパスの定義は下記の通り。

 

サイコパスの定義】

 

これだけ見ると、マイナス的な情報ばかりですが、
DaiGoさん曰く、サイコパスには

一次的・二次的といった違いが存在するようです。

 

一次的サイコパスとは、日常生活を送るのに問題ないレベルの

社交性や外交スキルを身につけた人間。

 

二次的サイコパスは、社交性などを身につけることなく、

負の側面が強く出てしまう人間。

 

いわゆる、犯罪者的なイメージの

サイコパスは、

二次的サイコパスに該当することが

多いと思われます。

 

ここで大事なのは、

全てのサイコパスが犯罪を犯すわけではなく、

むしろ、「社会的成功」という意味では、

常人より収める可能性が高いという点がポイントです。

 

これは、サイコパスに限らず、

サイコパスと同意義で捉えられがちな

ナルシスト人格、

はたまたマキャベリストなども同様です。

 

フロイト式・4つの人格」については、

過去記事にまとめてあります。

www.takumiate.com

 

 

こういった傾向は昔からありますが、

サイコパス的人間が成功しやすくなっている理由として、

DaiGoさんは、

 

昨今の世の中は、空気を読む能力を必要としなくなっている。

 

点を挙げております。

 

群れから離れても、

生きていける手段が現代では確立されたという趣旨なのですが、

文字数の関係で、このあたりは別記事でまとめてみます。

(必ずしも、村社会が終わったとは個人的には考えづらいかなと)

 

サイコパスは、強みにもなりうる

 

f:id:takumino:20181227163125j:plain

 

サイコパスの共感性の低さだったり、

良心の欠如は、

時には大きな問題を引き起こしますが、

考えようによっては、

大きな強みとも考えられます。

 

良心や共感性の欠如

→ 自分の決断を素早く下せる

 

罪悪感が皆無

→ 極めて合理的な判断ができる

 

など、普通の人間には出来ないような決断ができるという

点は大きな強みとも言えます。

 

また、この合理的判断には、

形成する必要がないコミュニティへの冷淡な態度や、

自分の感情すらも客観視する能力も含まれます。

このあたりが、アホをスルーする技術に直結してきます

  

すなわち、サイコパス的要素は、

時には大きな力となり、

特に、「感情との付き合い方」という意味では

参考になる部分が多いということが言えます。

 

DaiGoさんオススメの一冊 

2018.12月時点で売り切れ中。要予約

 


仏教徒サイコパスの脳の作りは似ている?

 

f:id:takumino:20181227163733j:plain

(蓮の花言葉:清らかな心 「極楽浄土に咲く花」 )

 

仏教徒と、サイコパスの類似点にも触れておきます。

 

仏教の教えには、目の前のことに集中することで、

過去や未来の悩みから解放される内容や、

 

余計なしがらみの影響を受けないことによる、

プレッシャーへの耐性など、共通点が確かにあります。

 

これは、脳の仕組みからも納得がいく話のようで、

先天的か後天的かの違いで説明がつくようです。

 

(脳の話は、不確かな情報もあるので、

詳細はあえて削除します。参考程度にしてもらえれば。)

 

ここでは、不安への耐性力や、集中力

はたまた報酬的思考を持ち合わせているという点

仏教徒サイコパス、両者に共通点があると思って頂ければと。

 

そして、感情を客観視する能力を身につけることで、

怒りなどに流されず、結果的に面倒な人間をスルーできる

スキルに繋がると覚えておきましょう。

 

報酬思考とか余計なことを書くと、

仏教徒に怒られる気もする 笑

 


自分の感情を切り離すには、デタッチドマインドフルネス4つの方法がオススメ

 

デタッチドマインドフルネスとは?

 

f:id:takumino:20181007104621j:plain

 

デタッチドとは、距離を置く、一歩引くといった意味で、

ネガティブな感情から距離を置き

ひたすら観察に徹する方法が、

「デタッチドマインドフルネス」になります。

 

デタッチドマインドフルネスのポイントは、

自分から考え、想像するのではなく、

感情等が変化する様を、

ただ観察するだけの姿勢にあります。

 

具体的な実践方法は、

下記の4種類となります。

 

① 自由連想タスク

 

f:id:takumino:20181227164919j:plain


 ある単語をイメージしたら

流れに任せて変化していく様を観察していく方法

 

例えば、「笑い」という単語をイメージしたら

 

笑い→M1グランプリ→炎上してたなぁ→上沼恵美子さん

 

・・・といった形で、

自然な心の変化を、ただ観察することが重要です。

 

要は、昔流行った連想ゲームの一種、

「マジカルバナナ」をテレビで観ている

イメージで行うタスクと考えてもらえればと。

決して自分からイメージを膨らまさないことが重要です

 

 

② タイガータスク

 

f:id:takumino:20181227162032j:plain

 

怒りなどのネガティブな感情を感じたら、

即、頭の中で、トラ(もしくはライオンなどの他の動物でも可)

をイメージします

 

イメージしたトラは、

想像するだけでも動きを伴い、

決して停止していることがないことに気づくと思います。

 

この「停止することがない」という所が、

このタスクのポイントです。

 

頭の中でイメージしたトラが、

勝手に動いていく様を、ただ観察するイメージ

タイガータスクを行いましょう。

 

想像したトラは、言ってしまえば

感情と同じ存在と言えます。

 

自分がコントロールする、しないに関わらず、

勝手に姿・形を変えて、動き、やがて消えていく。

 

その様を、観察する姿勢を持つことで、

一時の感情に流されず、

的確な判断を行うことが可能となります。

 

タイガータスクは、誰にでも出来、

しっかり効果もあるので、

ネガティブな感情を感じた際は、

是非実践してみてはどうでしょう?

 

③ 空想技法

 

f:id:takumino:20181227164915j:plain

 

 一旦、楽しい、欲望を満たしている自分を想像した上で、

徐々に視点をずらしていき、

最終的には他人が欲望を満たしている様を

自分が観察している様に客観視するテクニック

 

いわゆる、

「メタ的視点」に持っていくための技法。

 

楽しい空想が、自動的に展開されている様子を

客観視出来ている自分を確認できればOKです。

 

④ 雲のメタファー

 

f:id:takumino:20181227164917j:plain

 

これは、感情を切り離すための、

根本的な考え方・総論的な概要となります。

 

感情は、空に浮かぶ雲の様なものと捉えて、

ただ観察することに努める

 

雲の形を変えることだったり、

動きをコントロールすることが出来ないのと同様に、

 

感情が湧き出るのを抑えるのは無理なので、

ただそこにあるものと認識することが重要です。

 

デタッチドマインドフルネスに関しては、

外部サイトでも、分かりやすくまとめてあるのを確認。

yuchrszk.blogspot.com

  

デタッチドマインドフルネスを、

より深く理解されたい方は、

一度読んでみてはいかがでしょうか?

 


DaiGoさんの『サイコパス式アホを相手にしないスルーの技術』を観た まとめ

 

最後は、

外部サイトに全てを託す力技で締めてみました(汗) 

 

個人的に、

今回の放送でDaiGoさんが、

 

「感情は、炭酸水の泡の様なもの」

 

という例えをしていた部分が、特に印象に残っております。

 

無理に湧き出る感情を抑えようとしても、

結果、歪みが生じて長期的に見れば

良い結果に繋がらない気がしています。

 

怒りや悲しみなど

ネガティブな感情を感じるのはごく自然なこと

 

そして、湧き出る感情という、

自然現象を観察する意識や姿勢を持つだけで、

ストレスは大幅に軽減できる気がします。

 

また、放送内では

自分のキャラを無視して、相手の期待に沿う行動をすること

結果的に相手の期待を裏切る結果

に繋がりやすく、

自分の首を締めることになりやすいという話もありました。

 

予想しやすい人間(プレディクタブル)といった

内容については、また別記事でまとめてみます。

 

では、また更新します。

そんじゃ、またね!

 

放送内で、DaiGo氏が勧めていた1冊

 

→ Amazonでサイコパスに関する書籍を検索してみる

→ 楽天ブックスでサイコパスに関する書籍を検索してみる

→ Yahoo!ショッピングでサイコパスに関する書籍を検索してみる

 

※ブログ管理者タクミは、ツイッターでフォロワーさん募集中です。 

相互フォロー歓迎なので、気軽にコメント等いただけたら嬉しいです。

タクミ (@takumijyuku07) | Twitter

 

 

スポンサーリンク