タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

注目のスーツケースLOJEL CUBOを購入したのでレビューを書いてみる!【比較・オススメ】

どうもこんにちは。

タクミです。

 

近々、仕事の出張で1週間出かけることになり、

この度、スーツケースを新調致しました

 

今回スーツケースを選ぶ上で、

決めてかかったことは

 

 

キャスターがシングルのタイプは(極力)避ける!

 

 

シングルタイプはどうしても、走行しづらく

悪路に弱く使いづらいイメージ。

 

ちなみに以前使ってたスーツケースは、

旅の途中でキャスターが破損して、

大変な目に遭いました。

根性で取っ手を持ち上げながらの移動 笑)

 

そこで今回は、スーツケースを選ぶ際に、

必ずチェックすべきポイント3点をまず紹介。

 

その結果購入した、

LOJELの「CUBO」という新しい形のスーツケースをレビューします。

 

【 LOJEL CUBO キャリーケース 37L(S)】

 

[2018.12.02 Amazon 価格 28,080円]

 

サイズは37L(S)・70L(M)・100L(L)の三種類

デザイン性の高さも評判で、色は計7種類と豊富なバリエーション。

 

 

f:id:takumino:20181202124938j:image

(参考写真:Amazon.co.jpより)

 

→ AmazonでCUBOのカラーバリエーションをチェックしてみる

 

 

・・・ロージェル?

 

 

いや、「ロジェール」です。(きっぱり)

 

僕も最初読み方も分からなかったので、

記事を書く上で色々調べました(笑)

 

では早速参ります!

 

(LOJEL CUBOのレビューだけ見たい人は、

目次の2番から読んでいただければ幸いです)

 


 

  


スーツケースを選ぶ際の3つのポイントはこれ

 

f:id:takumino:20180925204139j:plain

 

① ケースのサイズを正確に把握する

 

基本的には、1泊=10Lの容量で大まかなサイズの選定が可能です。

ただし、季節や行き先、目的によっても多少増減する可能性も

あるので少し余裕を見て選定するのが無難かと。

 

LOJEL CUBOは容量拡張機能が付いているので安心

 

後で詳しく触れていきます。

 

また、機内持ち込み荷物の容量にも注意が必要です。

 

機内に持ち込めるの目安はおよそ40Lのケースまで。

多くの航空会社は、3辺の総外寸が115cmまでが目安

 

機内に持ち込まず、航空機会社に預ける際は

無料範囲内のサイズかどうかも重要。

多くの航空会社は、3辺の総外寸が158cmまでが目安

 

外部サイトが分かりやすいので、

一度チェックしておくと参考になるかと思います。

 

自分に合ったスーツケースのサイズの選び方 | スーツケース・キャリーケース通販 トラベラーストア

 

 

② ケースのボディの素材を把握しておく

 

現在、耐久性とコストの面から主流になっているのは

ポリカーボネート」という素材

 

ポリカーボネート

 

熱塑性(ねつそせい)プラスチックの一種。

耐衝撃性は、一般的なガラスの約250倍と優秀。

耐燃性や寸安定性にも優れており、

医療機器や防弾ガラスの素材としても使われている。

 

薬品耐性は弱く、ケミカルクラックには要注意。

(アルカリ薬品や溶剤関係)

 

非常に柔軟性が高いが、

スーツケースがヘコミやすいという弱点もある。

参考URL:スーツケースのボディの素材について - ククレンタル

 

今回紹介しているLOJEL CUBOのボディも

ポリカーボネートを使用。

 

ヘコミが気になる場合は、同価格帯だと

ABS樹脂を選択する手もありますが、

軽さや耐衝撃性は、ポリカーボネートの方が上手

 

あとは壊れづらいという一点では、

チタンという選択肢もありますが高級品です(汗)

 

又、軽くて丈夫な高級スーツケースを作っている

サムソナイトという選択肢もあります。

※特許技術で作ったCurv(カーブ)は軽さと耐久性がずば抜けている

 

Curvを使ったコスモライトシリーズも、魅力的でしたが

予算の都合で、今回は見送りとなりました。

→ Amazonでサムソナイト コスモライトシリーズを確認してみる

 

ある程度の予算で、特にこだわりがない場合は

ポリカーボネートを選んでおけば間違いないかなと。

 

 

③ キャスターとハンドルをしっかり確認する

 

キャスターは、できればダブルホイール型を

チョイスしておくのが無難かと。

 

四輪で、ダブルホイールというのは

今回CUBOを選んだ際のポイントの一つ。

走行しやすいのは、やはり嬉しい

 

できる限り、大きいホイールの方が

回転数の問題で消耗しづらい・・・

 

のですが、予算範囲内で見る限り

そんなに差はないというのが率直な印象。

 

高級なスーツケースを選ぶ際は、

必ずキャスターの大きさや、

構造、耐久性はチェックしておくべきかと。

 

又、伸縮ハンドルは二本タイプがオススメ

カバンをかけて使ったりする際の安定性に差が出ます。)

 


LOJELのCUBOのオススメポイントを挙げてみる

 

今回購入したのは、

LOJEL CUBO(M)70L ブラック。

 

【 LOJEL CUBO キャリーケース 70L(M)ブラック】

 

[2018.12.02 Amazon 価格 32,400円]

 

オススメポイントはこちら。 

 

  • エクスパンダブル機能搭載で、約7Lほど容量を拡張可能
    (Sサイズは5L、Lサイズは10L程度、最大約10%ほど拡張できる)

  • フラットトップ型なので、立てた状態でも簡易的な荷物の出し入れが可能

  • 安定のダブルホイール・ダブルハンドル

  • 耐衝撃性に優れた、ポリカーボネート素材

  • 優れたデザイン性と、豊富なカラーバリエーション

 

 【 LOJELとは? 】

 

LOJELは1991年に日本で創業したブランド。


主に海外で展開しており、
2013年のブランドリニューアルなどを経て現在は約30カ国、
約580店舗で商品を販売している。

日本では既存の商品での展開はしていたが、
今夏の新商品発売を契機に、発表会とポップアップショップを企画した。

引用元:約30カ国に展開するスーツケースブランド「LOJEL(ロジェール)」が国内本格参入。新商品発表会を開催 - トラベル Watch

 

国内に本格参入したことで、現在取り扱い店が急増している

今トレンドのブランドの一つ

 

総合ディレクター、KENZO YONENO氏の、

ポップかつオシャレなデザインが、男女問わず支持されている

 

LOJEL CUBOの大きな特徴は3つあります。

 

① 拡張機能搭載で、荷物に余裕のある旅行が可能

 

これが最大かつ、とても嬉しいポイント。

写真のファスナーを開けることで、

最大約10%も容量を拡張できます

 

f:id:takumino:20181202112550j:image

 

 丸で囲ったファスナーを開くことで・・・

 

f:id:takumino:20181202112415j:image

 

 矢印のように、拡張ができる仕組み。

 

f:id:takumino:20181202112836j:image

 

拡張した部分は、ナイロンになっており目立たず、

外観を大きく損ねることもないように、しっかり配慮されている。

 

拡張できることで、今まで無理やり押し詰めていた

荷造りから解放されるのは本当に嬉しいポイントかと。

 

※100L型(L)の場合、

拡張すると三辺の合計が160cmになるので

ケースを航空会社に預ける際、

有料になる可能性があります。

 

② フラットトップ型で開閉が便利 

 

f:id:takumino:20181202113849j:image

 

立てたままの状態で、開け閉めできるのはポイントの一つ

ちょっとした荷物の出し入れにピッタリの機能。

 

f:id:takumino:20181202113901j:image

 

開放時の写真。

荷造りの際、場所を取らない仕組みで考えられている。

 

このフラットトップ型の採用は、

外観上も個性を発揮しており、

オシャレなデザイン性の一つと言えます。

 

③ 安心の10年間サポート保証

 

購入した店舗のレシート写真や、

各種データをLOJELに送信することで、

シリアルNOと所有者が紐づけられる仕組み。

 

完全無償とかではなく、故障時の優先的なサポート等を約束する類

 

このシステムを利用しておけば、

各国でサポートをしっかり受けられるのは大きいメリット。

 

通販で購入した場合も、

購入証明の画面のスクショ写真にて登録可能

 

登録完了すると、こんなメールが送られてきます。

f:id:takumino:20181202121535j:image 

 

 しっかりした10年間のサポート体制は、

他の商品ではないサービスかなと。

(他商品は、大体3年程度の保証期間) 


LOJEL CUBO購入レビュー 比較・オススメまとめ 

 
ちなみに今回、同じ価格帯で比較したのはこちらの商品。

 

 【 ace. Palisades-Z 62L 】

 

[2018.10.06 Amazon 価格 25,919円]

 

実際、何店舗か回って店員に相談すると、

比較材料として上がってくる定番商品。

 

定番だけのことはあり、凄く無難な作り。

 

(ダブルホイールキャスター・二本型の伸縮ハンドルなど要点は押さえられている)

 

少しでも安く、安心感があるスーツケース

ということであれば、選択の余地はあったけど、自分には少し容量不足で小さかった。

(1週間の出張で、荷物も多少多くなる予定)

 

又、機能性やデザイン面も

圧倒的にLOJEL CUBOかなと思ったのが本音。

店員さんの本音のオススメもCUBO一択

 

購入してからも、今までのスーツケースより

愛着も湧いており、

お気に入りになりそうな予感。

 

是非、スーツケースの新規購入や、

買い替えを検討している方は、

ご自身の目でチェックしてみて下さい。

 

【 LOJEL CUBO キャリーケース 70L(M)ブルー】 

 

各サイズの詳細確認リンク貼っておきます。

 

【CUBO 37L(S)】

※荷物量目安 3泊〜4泊程度

 

→ 【Amazon】LOJEL CUBO 37L(S)

→ 【楽天市場】 LOJEL CUBO 37L(S)

→ 【Yahoo!ショッピング】LOJEL CUBO 37L(S)

 

【CUBO 70L(M)】

※荷物量目安 4泊〜1週間程度

 

→ 【Amazon】LOJEL CUBO 70L(M)

→ 【楽天市場】 LOJEL CUBO 70L(M)

→ 【Yahoo!ショッピング】LOJEL CUBO 70L(M)

 

 

【CUBO 100L(L)】 

※荷物量目安 1週間以上の長期旅行

 

→ 【Amazon】LOJEL CUBO 100L(L)

→ 【楽天市場】 LOJEL CUBO 100L(L)

→ 【Yahoo!ショッピング】LOJEL CUBO 100L(L)

 

 

では、また更新します。

そんじゃ、またね!

 

※ブログ管理者タクミは、ツイッターでフォロワーさん募集中です。 

相互フォロー歓迎なので、気軽にコメント等いただけたら嬉しいです。

タクミ (@takumijyuku07) | Twitter

 

 

スポンサーリンク