タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

お金に関して信用できる人の考え方。メンタリストDaiGo氏の『金使いでわかるあの人の正体』を観たのでまとめてみる

どうもこんにちは。

タクミです。

 

メンタリストDaiGoさんのニコニコ放送

 

「心理分析してみた」

 

内の

 

『金使いでわかるあの人の正体』

(金使いで性格を見抜く)

 

を観たので、感想や内容等まとめていきます。

 

YouTubeにて前半部観れます(後半はニコニコ動画のみ。会員登録必要。)


金づかいでわかるあの人の正体

 

※当記事は、正規の方法で、ニコニコのDaiGoさんの

有料チャンネルに登録した上での感想まとめです。

 

・ 男女の金銭感覚の違い

・ 夫婦における金銭面の本当の問題

・ お金に対して信用できる人の考え方

・ 物質主義の二つのパターン

 

などについて記載してます。

  

では参ります。

 


 

 


男と女の金銭事情について

 

 

 

男性・女性どちらの方が浪費家なのか?

 

浪費家というと、世間一般のイメージで考えると、

女性の方が多い気がしますよね?

あくまでも一般的なイメージです 笑

 

この答えは、実は男性なのです。

 

とは言っても、あくまでも

「平均的に考えて」

と言う側面が強い結果のようです。

 

男性は、「見栄」や「リスクをとる買い物(投資等)」

にお金を使いたがり、 結果的に高いお金を払う買い物が多くなる傾向

 

一方、女性は実用品を買う機会が多かったり、

買ったものを売ってお金にしたり(メルカリ等)

男性よりも、現実的な側面が強いのが理由。

 

(生活に根付いた形で考えると)

結果的に、男性の方が浪費傾向にあると考えてもられば

分かりやすいかなと。

 

浪費傾向があるのは男性だけど、お金の使い方が上手いのも男性の特徴

 

浪費傾向の中に、リスクをとるという考え方がありましたが、

(良いも悪いも)

投資的な物に興味を覚えやすいのも男性の特徴

 

リスクを取りやすいということは、

損する場合もあれば、得する場合もあるということ。

 

失敗から学べるタイプだったり、

きちんと未来を見据えた上で、お金を投資に回している場合は

必ずしも悪いことばかりではないのも事実。

むしろキチンとした金銭・投資感覚を身につけるのは重要かと

 

一方、女性は今現在のお金の使い方が気になってしまい、

長期的なお金のプランなどは(男性に比べると)

考えない傾向が強いとのこと。

 

 

男性と女性の金銭感覚をまとめると、

 

 

(男にとっての)金は「夢」・「自由」・「見栄」

 

 

(女にとっての)金は「日々の生活」・「食事」・「子供の養育費」 

 

 

という形で、

理想主義(男性)と現実主義(女性)

という具合に分かれることが多いようです。

 

これは夫婦の間柄だと、大きな問題になる可能性もあり、

離婚の要因として大きい要素に

 

「お金に関する意見の相違」

 

があるそうです。

 

要は、資産の大小(金持ち・貧乏)など関係なく、

「お金を何に使うかの意思決定の相違」という一点で、

離婚に結びつく可能性があるということ。

 

お金(はたまた時間)の使い方が合わないというのは、

男女間の亀裂の大きな要因になることを覚えておきましょう。

 

では、どういった言動や考え方が

(将来を見据えた上で)

お金の面で、信用が置けるのか確認していきましょう。

 


お金についての考え方と、行動パターンの関係性

 

f:id:takumino:20181025195346j:plain


ここで、10万人を対象にロンドン大学が実施した

お金への考えと行動パターンの調査結果について記載しておきます。

 

① 若者ほど借金を抱えやすいが、破産しやすいのは老人である

 

若者の特徴として、

「自制心が低く、脳の扁桃体も成長していない」

ことが挙げられます。

 

扁桃体の主な役割 】

 

扁桃体は大脳皮質の内側にある大脳辺縁系の下のほうに位置しており、
快不快を判断するのが主な役割です。
私たちが見たり、聞いたり、臭いをかいだり、触ったり、味を味わったりしたときに得た感覚情報は、大脳皮質から扁桃体に伝わり、
好き嫌いが判断されます。異性が好きになるのも、たこ焼きとかペンギンが好きになるのも、この扁桃体の仕業だったのです。
引用元:
記憶に関わる海馬と扁桃体

 

そのため、衝動的な行動を取りやすく、

結果的に感情に突き動かされて、借金を作ってしまうこともあります。

 (ただし、社会的信用がないことが多いので、額は大したことがない傾向)

 

一方、老人になったら気をつけたいのが、

高額な借金による破産

 

引退した老人の多くは、元々会社勤めであることがほとんど。

雇用されている立場であると、身につきづらいのが、

正しい投資的なお金の使い方。

 

 

まとまった金額をどう扱って良いのか分からない・・・。

 

 

ここで、貯蓄などをするのであれば、まだしも

 

(悪質な金融関係者の言われるがまま)

投資ではなく投機的な使い方をしてしまって

破産状態になることは珍しくありません。

 

老後にまとまったお金を手にした場合の、

マネープランはキチンと考えておいた方が賢明だと思われます。

 

② お金と権力を結びつける思考の危険性 

 

お金と権力を結びつける思考法は、危険であるとのこと。

 

理由としては、自分よりお金を持っている人間との比較が始まり

気が休まることがなくなり、多大なストレスにさらされることが

挙げられます。

 

また、お金がないと周りに思われることは、

自分の権力の失墜につながると考えるため、

必然的に見栄に対する散財が多くなり、

結果的に何もかも失くしてしまうケースも考えられます。

 

(放送内では、典型的に高級車のローンを支払えなくなり、

取り上げられるのはこのタイプとの指摘あり)

 

万が一、あなたの親しい人間が

 

お金 = 権力

 

と信じて疑わない場合、(短期的に上手くいったとしても)

長期的な安定は望めないので、

距離をとるなりした方が良さそうです。

 

③ お金で困らない人の特徴

 

f:id:takumino:20181127074029j:plain

 

 では、お金で困らない人とは、一体どういった特徴があるのか?

 

これは、お金に対して下記のような考え方をできる人間と言えます。

 

 

「お金とは、安全であり、自由のための物である。」

 

 

安全とは、

 

「心の安全」・「時間の安全」

 

その結果得られるものは、自由であるという考え方。

 

自分のパートナーが、お金に対して上記のような

考え方を持てる人間であれば、

将来的にも、金銭面で大きく間違う可能性は低いと言えます。

 


女性がお金で気をつけるべきポイント

 

f:id:takumino:20181127071511j:plain

 

女性特有の傾向として、メンタルが落ち込むと、

買い物でストレス等を発散したがる傾向

があるようです。

 

 

パーッと使わせてもらうわ!

 

 

そして、請求書などを見て落ち込む。

(旦那にバレたらどうしよう・・・諸々)

 

 

ここで、賢明な方は

そのあと、どういった展開が待っているか想像がつきますよね?

 

 

パーッと使わせてもらうわ!(二回目)

 

 

そうです。

 

買い物で落ち込んだ精神を安定させるために、

再度買い物をして、気分を落ち着かせようとするサイクルに突入!

完全な負のループ状態

 

DaiGoさんが言い切ってたことは、

 

女性は、ストレスを感じた時に、

買い物で発散することだけは止めた方が良い

 

まあ、これは女性が買い物に走る傾向が強いということで、

男性も気をつけるべきポイントだと思います

 

過去記事の『不幸になる買い物・幸せになる買い物』も参考にしてもらえれば。

www.takumiate.com

 

ちなみに、気前が良いのも男性より女性とのこと。

( 見返りを求めず人に奉仕する姿勢)

 

反対に、男性の気前の良さは形だけで

何かしらの見返りを求めていることが多いらしいです。

(女性を口説きたい、上司としての威厳を保ちたい等)

 


物質主義の二つの考え方

 

f:id:takumino:20181027221032j:plain


 最後に、フローの概念で有名なアメリカの心理学者、

ミハイ・チクセント・ミハイの物質主義についての

考え方を簡単に紹介します。

 

物質主義については

次の二つの考え方があるそうです。

 

① 手段としての物質主義

 

② 最終物質主義

 

 ①の「手段としての物質主義」とは、

目的を達成するために、物を利用して自己実現を図ろうとする考え方。

 

比較的、前向きであるものの

DaiGoさん曰く、マイナスにはならないもののプラスにもならない

ことは覚えておいた方がいいとの指摘。

 

物(お金)を使うのであれば、

自分の体験や経験値、良い思い出となるような

本当の意味での生産的な使い方を心がける必要があるとのこと。

 

 

②の「最終物質主義」とは物(お金)が至高であり、

なんでも出来るという考え方。

 

こうなると、見栄や社会的地位、他人から羨ましがられたいなどの

感情が抑えきれず、(人間関係の面からも)

寂しい人生を送る可能性が高くなります。

 

ポイントは、最終物質主義は寂しい人生を招く要因であるが、

寂しさから最終物質主義に至る可能性もあるということ。

 

簡単に言えば、

 

 

裏切られて、誰もいなくなった。・・・信じられる物は金のみ!

 

 

といったケースも、十分に考えられるということ。

 

どちらにしろ、物やお金に対して重きを置く考え方は、

幸福には結びつきづらいことを押さえておきましょう。

 


メンタリストDaiGo氏の『金使いでわかるあの人の正体』を観た まとめ

 

今回の記事のポイントはこちら。

 

  • 男性は、投資としてのお金の使い方に目覚める可能性が高い
    (悪く言えば、浪費的なお金の使い方もしがち)

  • 女性は、男性より堅実なお金の考え方をする傾向が強い

  • お金・時間の使い方に関する、意見の相違は夫婦としての危険信号

  • 老後のマネープランは、しっかり考えておくべき

  • お金と権力を結びつけるのは、不幸の始まり

  • お金とは、心と時間の安全で自由に繋がるものと捉えておくべき

 

 

ちなみに、放送内ではマネー志向の危険性として、

かつて民放で放送されてたマネーの虎

言及してましたが、面白い題材なので

別記事で詳しくまとめてみようと思っております(笑)

 

また更新していきます。

そんじゃ、またね!

 

お金に関しては、過去記事も参考にしてもらえれば幸いです。

www.takumiate.com

 

※ブログ管理者タクミは、ツイッターでフォロワーさん募集中です。 

相互フォロー歓迎なので、気軽にコメント等いただけたら嬉しいです。

タクミ (@takumijyuku07) | Twitter

 

 

スポンサーリンク