タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

これが異性が冷める行動8選!メンタリストDaiGoさん『非モテの心理学』後編まとめ【心理分析】

どうもこんにちわ。

タクミです。

 

前回に引き続き、

メンタリストDaiGoさんのニコニコ放送

 

「心理分析してみた」

 

内の

 

非モテの心理学

〜なぜか同性にも異性にもモテない人の特徴〜』

 

 

を観たので、感想や内容等まとめていきます。

 

YouTubeにて前半部観れます(後半はニコニコ動画のみ。会員登録必要。)

 


非モテの科学〜なぜかモテない人の特徴と対策⭐️

 

※当記事は、正規の方法で、ニコニコのDaiGoさんの

有料チャンネルに登録した上での感想まとめです。

 

今回は後編記事となります。

 

  •  異性が冷める行動8選

  •  優しいのにモテない本当の理由

  •  独り身生活が長くなりがちな人の3つの特徴

  •  すぐパートナーと別れる人の2つのパターン

 

といった内容を記載してます。

 

前編記事はこちら。

www.takumiate.com

 

では参ります。

 

 


 

 


異性が冷める行動を8つほどピックアップ

 

f:id:takumino:20181003194448j:plain


 

では早速異性の心が冷めてしまう行動を見ていきましょう。

1200人の男女に、NG行為を質問した結果に基づいた内容

 

① 話を聞かない(他人含む)

 

この内容の注意点は、パートナーのみに限った話ではなく、

 

「(パートナー以外の)他人の話を聞かない」

 

といったケースも含む、

広い意味での指摘をしていることです。

 

例えば、レストランなどで目の前の異性の話を真剣に聞いている最中、

オーダーミスで違う商品が運ばれてきたとします。

 

謝罪しようとする店員に対して、

言葉を遮り、怒鳴ってしまうケース

 

これも、話を聞かないの一例に含まれます。

異性は、他人への接し方も恋愛評価材料に

入っていることを覚えておきましょう。

 

 

② フランクすぎる、馴れ馴れしい

 

いわゆるボディタッチが多い人も、これに含まれます。

 

特に

2秒以上のボディタッチは、

相手に相当不快な印象を与えることもあるのでご用心。

 

又、馴れ馴れしいには

 

「相手をいじる行為」

 

も含まれます。

 

笑いを狙って相手をいじっても、

必ずしもいい結果になるとは限りません。

(むしろ逆の結果になることが多いと思われる)

 

笑いを取るなら

 

・ 自虐ネタ

・ 現在降りかかっている災難を笑いに転化

 

などを意識して、

円滑なコミュニケーションを図りましょう。

 

 

③ 異性に対する条件が厳しい

 

f:id:takumino:20181003200556j:plain

 

まあ言わずもがな。

 

相手に多くを求める前に、

まずは自分を客観視することが重要かと。

(少なくとも、異性の条件は他人には言わないほうが無難)

 

 

④ 自分の人生の辛さを具体的に語る。

 

これは結構やりがちな行動かなと(汗)

 

過去話をしたいのであれば、少しぼかした形にしつつ、

最後はポジティブに持っていく意識が必要となります。

 

あまり、辛かった過去話を具体的に話すと、

相手が引いてしまうので注意しましょう。

 

⑤ テクニックにこだわりすぎる

 

読んだ本などで得たテクニックを

そのまま目の前の相手に使おうとするパターン(笑)

 

ありがちなのが、

 

「これをやれば上手くいくはずなんだ!」

 

と思い込み、どんどん空回りしていく図式。

 

放送内での例えを借りると、

 

「初心者が卓球で無理にスピンをかけようとする行為」

 

と同じ位、上手くいくわけがない行為だとの指摘(笑)

 

まずは、しっかり目の前の相手と向き合う姿勢を

持つことが重要になります。

 

 

⑥ 元カレ・元カノの話をしてくる

 

確かにコレは嫌ですよね(笑)

 

未練あるの?とか、女々しい人と思われるリスクが高い。

友人ならまだしも、

付き合う可能性がある異性には言わないよう気をつけましょう。

 

相手から過去の恋愛を質問された場合も、

上手くぼかし、感情を語り、

最後はポジティブに持っていくことが大事になってくるかと。

 

くれぐれも具体的な話をしないよう気をつけましょう(笑)

 

 

⑦ 知性が低い(と思われるような)言動

 

f:id:takumino:20181003201028j:plain

 

いわゆる表現力の稚拙さ・ボキャブラリィ不足のパターン。

普段の読書癖や、頭を使っているかどうかは案外すぐ伝わります。

(特に相手が言語能力に長けている場合は尚更)

 

ちなみに少し話がそれますが・・・、

 

数学的能力と文章や言葉の能力のどちらが

人生において優位性が高いかと言った内容について、

 

恋愛においては下記の順序で優位に働くそうです。

 

1位:多彩な表現力

2位:説明に長けた言語知性(論理力)

3位:数学的知性

 

ヘルシンキ大学の19万人調査によると、

数学的知性に長けている人間より、言語的知性が高い人間のほうが

結婚率においては2倍高いという結果になったとのこと)

 

まあ、数学に興味が強い人の性格傾向なども、

関係してくるのかなとも思います。

 

ちなみに経済的観点では、

先を見通す力という意味で数学的能力に軍配が上がります。

 

⑧ 睡眠不足における魅力の低下

 

f:id:takumino:20181003200106j:plain

 

最後は睡眠不足

 

睡眠時間を約半分に削った状態を2日間続けただけで、

相手に与える魅力度が、約25%低下したという話もあるそうです。

 

睡眠に限らず、健康体であるというのは、

人間の魅力度と直結してくる気がしますね。

 


優しいけどモテない本当の理由はこれ

 

f:id:takumino:20181003194442j:plain

 

「あの人いい人だし、

優しいんだけど何故か恋愛に縁がないのよね。」

 

・・・それには明確な理由があります。

 

人に優しく出来る人というのは、言い換えれば

 

「共感能力が高い人」

 

相手に共感でき、気持ちが分かるからこそ

相手の事情、立場を考えすぎて行動ができなくなる。

 

優しいけどモテないのではなく、

 

「優しいからこそ、相手にアプローチができない状態が続く」

 

つまり、他の人間と比べて恋愛がスタートする可能性が

低いということが言えると思います。

 

これは男女問わずの現象と言えます。

 

 

ただ一方で、恋愛が長続きするパターンで言えば、

共感能力は高い方が有利に働きます。

 

結局のところ、恋愛に対してどう考えているのか?

 

その人次第な部分が大きいと思います。

 

(ちなみに女性は共感能力が低い方が、

男性から言い寄られやすい傾向があるようです。)

 


自尊心と刹那的行動との関連性

 

f:id:takumino:20181003194444j:plain

 

独り身が3年以上続く人に見られた3つの特徴(調査対象142人)

 

①幼少期に両親の仲が悪かった

(男女関係にいいイメージが持てない)

 

両親の仲の悪さは、そのまま子供の恋愛に対する考え方に直結します。

 

考えようによっては、一人で生きていく強さを

身につけやすいとも言えますが、恋愛に対しては不利に働きます。

 

②ペット・同性の親友・兄弟姉妹に依存する傾向が強い

 

よく言われる、独身でペットを飼うと婚期が遠のくは真実だと言えます。

 

本人が異性との恋愛以外で満足感を得やすくなるのと同時に、

異性からすると近寄りづらくなる傾向があるようです。

 

(女性2人組の親友像をイメージしてもらえれば分かりやすいかと)

 

恋愛ということで考えると、

特定の対象への依存が強いのはマイナスであるということかと。

 

③不安を抱えやすく、鬱傾向が強い

 

根が寂しがりや → 他人から嫌われたくない → 恋人ができづらい

→ 一人の時間が増える → 不安や鬱が強くなる

 

という負のサイクル。

 

これは結果的に一夜限りの関係に身を投じやすくなります。

 

これは次に紹介する、

すぐパートナーと別れる人の特徴とも重なる所があります。

 

 

すぐパートナーと別れる人の特徴

 

f:id:takumino:20181003201558j:plain



①自尊心が低すぎる

 

自尊心が低すぎると、自分を大切にしない行動が目立つようになり、

 

「自分を好きになってくれる人なら誰でもいい」

 

という思考になっていくようです。

 

すなわち、女性という前提においては

一夜限りの関係が増えることになります。

 

また、付き合ったとしても、大して好きでもないので、

長続きしません。

 

 

②自尊心が高すぎる

 

一方で、自尊心が高すぎる場合も恋愛が長続きしません。

 

自尊心が高すぎる人の傾向は

 

パートナーに求める基準がしっかりしすぎている。

 

 

もっと良い人がいるんじゃないかと決断ができない

 

 

一種の完璧主義に陥りやすいとも言えます。

 

考え方としては、年収1000万でないとダメ!

といった固執した考えでははなく、

 

「金銭的な不安を抱えたくない。

そのためには、どうすればいいのか?」

 

といった柔軟的思考が必要となります。

 

(もっと言えば、年収1000万の人が振り向いてくれるのか

考えるべき・・・なんでもありません。)

 

 尚、不安症や鬱傾向、自尊心の低さは共通して

刹那的行動を取りやすい特徴があります。

 

全てをリセットする等の極端な行動をとるのも

その1種かと考えられます。

 

「出会いがないのではなく、出会う準備が出来ていない」

 

状態とも言えます。

 

良い異性に巡り会いたいのであれば、

不安対策などの行動をとることが必要かと。

 

過去記事の、DaiGoさんの放送まとめにて

いくつか具体的な対処法をまとめているので気になる方はどうぞ。

 

 『挑戦力が高まる不安との付き合い方 〜エッセンス版〜』

www.takumiate.com

 

『ネガティブなままで成功する!不安利用の心理学』

www.takumiate.com

 『ストレスに負けず、疲れにくい人になる方法』

www.takumiate.com

 


異性が冷める行動8選 メンタリストDaiGoさん『非モテの心理学』 総合まとめ

 

ということで、後編記事はここまでとなります。

 

まとめながら思ったことは、

 

「恋愛も人生も行動力が前提として必要である」

 

という事実ですかね。

 

行動力だけで、勘違いしている人間

ツイッターとかにはいますけど・・・。

(たまには毒づいてみる 汗)

 

行動力を前提として、他スキルが付加価値として活きてくると

考えるのが得策かなと最近思っております。

 

なので今後は、

行動力のための体の整え方

(自律神経・筋トレ・食事・ストレス耐性諸々)

 

に関しての記事を、

少しばかし増やしていこうと思っております。

 

また更新していきます。

 

そんじゃ、またね!

 

※ブログ管理者タクミは、ツイッターでフォロワーさん募集中です。 

相互フォロー歓迎なので、気軽にコメント等いただけたら嬉しいです。

タクミ (@takumijyuku07) | Twitter

 

 

スポンサーリンク