タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

メンタリストDaiGoさんの「腕立て1回から始める『良い習慣を量産する技術』」を観たのでまとめてみた。後編

 

どうもこんにちわ。

タクミです。

 

メンタリストDaiGoさんのニコニコ放送

 

「心理分析してみた」

 

内の

 

『腕立て1回から始める『良い習慣を量産する技術』

 

を観たので、感想や内容等まとめていきます。

 

YouTubeにて前半部観れます(後半はニコニコ動画のみ。会員登録必要。)


腕立て1回から始める「いい習慣を量産する技術」

※当記事は、正規の方法で、ニコニコのDaiGoさんの

有料チャンネルに登録した上での感想まとめです。

 

今回は後編記事です。

  •  苦手を習慣化することの重要性

 

  •  熱意やモチベーションに頼る危険性

 

  •  積み重ねることの凄い力

 

  •  習慣化は自分の性格の一部になる

 といった内容をまとめております。

 

 前編記事はこちら。

(習慣化する方法、小さな行動から始める重要性、楽しいことには使ってはいけない理由等書いてます。)

takumino.hatenablog.com

 

では参ります。

 


 

 


苦手なことを習慣化する重要性について

 

あなたは、人間の行動の何割が習慣によるものか、ご存知ですか?

 

デューク大学の研究結果によると、何と人生の約45%を習慣的行動が占めているとのこと。

(ちなみに、睡眠は約30%らしい。)

 

DaiGoさんは、45%を自分がコントロールできたら凄いと思いませんか?

と、放送内では説明してたが、この割合全てがコントロールできるわけではないと、

思う。

 

おそらく正確に伝えたかったことは

 

「自分で習慣化する行動を一つでも多く選べれば、

行動の質が高まり、結果的に有意義な時間を過ごせることが増える。」

 

ということだと思います。

 

f:id:takumino:20180807064604j:image

 

なんにしろ、苦手意識があるものを、負担少なく自分の行動に

組み込めるのであれば、非常にメリットがあると思います。

 

習慣化が自信につながり、また次の習慣化へと繋がるような

良いサイクルを描けるようになるんじゃないかと、個人的には考えております。

 

又、デューク大学の研究結果によると

人間はストレスから、習慣的な行動を取りやすくなるとのこと。

 

習慣行動が、更にストレスを悪化させるような行為だと

負のサイクルに突入します。

 

そうならないためにも、一つでも良い行動の習慣を増やしたいところです。

 

尚、僕の話で恐縮ですが、好き嫌いが激しい性格ゆえに

そこまで気乗りしないことは、やらないという姿勢で生きてきました。

 

が、克服したいものが二点ほどありまして、

 

・ 肉体的な弱さの克服

 

そんなガリガリでもなく、中肉中背なんですが、一度身体を鍛えることを

徹底的にやりたいという、ボンヤリとした望みは昔からあるんですよね

(多分世の中の男性は理解してくれるはず)

 

・ 自宅の掃除や庭の手入れ

(インテリア等を考えるのも含む)

 

完全に優先順位が低い状態。まあ、妻がいてくれるから、ぼちぼちの環境なんですが

できれば行動の自動化を図って、負担なくやりたいなと。

 

前編記事にも書きましたが、上記二点の習慣化を実践中なので、

またブログ内で書いていきます。

 


熱意やモチベーションに頼る危険性

 

前編記事では、意志の力を使うことでの脳が疲弊するリスクを説明してきましたが

それ以上に危険なものがあります。

 

 

f:id:takumino:20180807065600j:image

 

それが、熱意やモチベーションです。

 

この二つの共通点は感情という所にあります。

 

感情は安定しません。

 

放送内や、小さな習慣の書籍内で

熱意減退の法則という言葉で説明してましたので、そのまま紹介します。

(元ネタは経済原則の限界効用逓減の法則です。)

 

1枚目に食べるピザが一番美味しいけれど、2枚目・3枚目と重ねるたびに

最初の感動は減っていき、消えて行くことになる。

 

はい。当たり前のことを言っております(笑)

 

ただ、こんなにも不安定な感情を

土台にして、あなたの目標が果たして達成できるのでしょうか?

 

本からの引用になりますが、次の文章は

非常に参考になる考え方だと思います。

 

夢中になるのはすばらしいことですが、その気持ちの高まりは、

行動開始の合図ではなく、あくまでもボーナスとみなしておきましょう。

引用元 :スティーブン・ガイズ著 「小さな習慣」 より

 

土台にするのではなく、付加価値と捉えるのが

感情への適切な対応なのかもしれないですね。

 

感動は薄れるものという前提で、ブレない行動ができるように

具体的な行動の習慣化を進めるべきかなと思います。

 


毎日積み重ねることの力

 

積み重ねる事の一例として、ツイッターを題材に考えてみます。

 

現在のツイッターの日本語での

最大文字数が約140文字。

 

8ツイートで1000文字超えの文章が作成できます。

 

トルストイみたいな長文は置いておいて、一般的に名作小説と呼ばれるものの

文字数が5万文字位です。

 

 1日で1000文字分、ツイートしてそれを365日継続したら、

文字数は、36万5千字になります。

 

名作約7作分に匹敵する量の文章の作成が可能となります。

 

f:id:takumino:20180807064922j:image

 

 

最初から、36万もの文字数を意識したら、誰もが無理と答えると

思いますが、実際は1年で射程圏内とも考えられます。

(ちなみに当ブログの1記事あたりの平均文字数は2500〜3500程度、

多くて4000文字といったところです。)

 

優れた芸術は、細分化して考えるという

言葉は、小説にも当てはまるものだと思います。

 

まあ、発信する質にもよりますけど(笑)

方向さえ間違えなければ、量と質は比例するものです。

 

又、小さな習慣によるメリットは、行動の初手が早くなることも挙げられます。

極端に低い目標設定により、行動しようか迷う時間が大幅に削られるはずです。

 

量・スピード、それによる質の向上効果も含めて

考えると最初の習慣化は

 

・ 定期的な運動(ダイエット)

・ 貯金や貯蓄

・ 長期的な投資

・ 読書

・ 家事全般

 

あたりが、手をつけやすそうかなと思います。

 

他にも、こんなのに習慣化を使ってみた、とか応用してみた。

とかあれば、ブログ内コメントか、ツイッターから教えてもらえると嬉しいです。

 


習慣化は自分の性格の一部になる

 

放送内で、一言だけDaiGoさんが言っていた言葉。

 

「習慣化は自分の性格の一部になる。」

 

僕は、人間の先天的な性格を重視する考え方で、性格や考え方を変えることは

そんなに容易いことだとは思っておりません。

 

自己啓発として、有名なマインドセットは意義ある考えだけど、

具体性に欠けると思っています。

(本の内容がほぼ事例集で、硬直的な考えからの脱却の提示がない)

 

厳しい言い方をすると正直、過大評価されている本。と感じます。

 

一応、Amazonリンク貼っておきます。興味があれば。

マインドセット「やればできる! 」の研究

マインドセット「やればできる! 」の研究

 

 

人間の性格が行動によって、形作られていくことは間違いないと思います。

 

僕自身の性格の大部分は、10代から20代の時の読書や好きな音楽の影響によって

形成されていると感じてます。

 

そして今30代を迎え、

正直行動がパターン化しすぎているという危惧を持っております。

 

ここから、苦手意識があることに、積極的に取り組めるようになれば

また世界の見方が変わるかなと。

(たとえ、習慣化が無意識に行われるものであっても 笑)

 

その一歩目が、腕立て伏せ1回でいいなら、やる価値は十分だと思います。

 

「習慣化は性格の一部になるのか?」

 

その問いの答えを見つけられるかどうか含め、

変化を楽しみながら、日々試していこうと思います。

 


メンタリストDaiGoさんの「腕立て1回から始める『良い習慣を量産する技術』」を観た 総合まとめ

 

ということで、後編記事も終了です。

 

最近取り組んだ記事の内容では、一番刺激的な中身になったかなと

勝手ながら感じております。

 

だって、筋トレ始めるのに腕立て1回ですよ?

このブログ書いている間にもできます。(笑)

 

ちなみに習慣化の兆しとして、

 

・ 抵抗感がなくなる

 

・ 無意識の行動

 

・ 不安がなくなる

 

などがあるみたいなので、気長に待とうかなと。

 

このブログ見て興味が出た方は、元ネタの本も読んでみることを

お勧めいたします。

読書をしたことがなく、習慣化したい方は尚更(笑)

 

今度、初めての読書特選なんかの記事も書きたいなと思います。

 

また更新していきます。

 

そんじゃまたね。 

 

※今回の内容は、ある程度の期間実践してみないと、

結果が分からない部分が多分にあります。

 

※僕が実際に試した結果は、後日掲載していく予定です。

 

※今回の記事に 修正が必要と判断した場合は、追記する形で更新していきます。

(当ブログは、放送まとめの役割もあるので、説明なしの文言の削除は致しません。)

 

小さな習慣

小さな習慣

 

 

スポンサーリンク