タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

【読書】メンタリストDaiGoさん ニコニコ放送「心理分析してみた」の元ネタ・オススメ書籍5選はこれ 2018年8月版

どうもこんにちわ。

 

タクミです。

 

今回は、当ブログでおなじみの

 

メンタリストDaiGoさんの、ニコニコ放送

 

「心理分析してみた」

 

内で紹介されてた本や、元ネタ本を紹介させて頂きます。

 (当記事は、2018年8月版となります。)

 

一応、僕の中で厳選させて頂き、5冊のみの紹介とさせて頂きます。

 

では参りましょう。

 

 


 

  


メンタリストDaiGoさん紹介本 当ブログ オススメ書籍5選はこれ!

 

f:id:takumino:20180830212552j:plain

 

① 小さな習慣 (スティーブン・ガイズ著)

 

 

「苦手なことを、習慣化する(行動に移す)ためのルールを知る」

 

という意味で、

ダントツにオススメできる本です。

 

僕は、この書籍を基にしたDaiGoさんの放送を観て、

現在下記の行動を1ヶ月以上、毎日継続できてます。

 

・ 筋トレ(腕立て、腹筋、背筋、スクワット、ミニステッパー)
 

・ 庭いじり(と言っても草抜きながら地味な感じですけど 笑)

 

上記の二つは、

人生でチャレンジする度に毎回続かないため、ほぼ諦めている状況でした。(汗)

 

この本を読んだことによる一番の収穫は

 

「苦手なことを習慣化することで、自分への自信が深まる」

 

という効果を得られていることです。

 

・ 読書が苦手だけれど、読まないといけないという意識を持っている

 

・ ダイエットをしなくちゃいけないと考えているが、行動に移せない

 

・ 部屋の片付けをしなくちゃいけないのに、汚れていくばかり

 

などの、

 

本来意識しなければ行動に移せないはずの物事

 

を、気づいたら自然と取り組めるようになるための書籍です。

 

ただ、一点注意点があります。

 

・・・好きなことに対して、小さな習慣の内容を絶対に使わないでください。

 

読書やダイエットを始めたい方は、習慣化できるきっかけとなりうる本なので

特にオススメです。

 

メンタリストDaiGoさんの放送リンク

腕立て1回から始める「いい習慣を量産する技術」 - YouTube

 

 

② 幸せをお金で買う授業 (エリザベス・ダン , マイケル・ノートン共著)

 

 

 

「何にお金を使うことが、人間の幸せに繋がるのか?」

 

という問いに、明確に答えを出している書籍ということで他の ビジネス本などに比べるとオススメできる本です。

 

幸せになるには、どういう時間を過ごすべきか? と言った内容にも詳しく触れられており、面白く読めました。

 

ただ、内容が幸福論であるだけに、事例を多く取り扱っているので、 途中、中だるみしがちなのはマイナスポイントかなと。 (大概のビジネス本に共通している内容ですけどね)

 

前述の小さな習慣にも共通してますが、

 

「自分への自信を深めるために、何にお金を使うべきか?」

 

という見方もできる書籍です。

 

お金の哲学の入門編としても、オススメできる内容だと思います。

 

メンタリストDaiGoさんの放送リンク

不幸になる買い物、幸せになる買い物〜お金と幸せの科学 - YouTube

 

 

③ シングルタスク 一点集中術 (デボラ・ザック著)

 

 

 

内容を一言でいうと、

 

「集中力の観点から、マルチタスクは絶対に止めましょう!」

 

という、一貫した内容を説明してくれる書籍。

 

あなたの周りにも、忙しそうにしている割に成果がイマイチだったり、 空回りしている人はいませんか? 

 

そういう人の行動パターンを観察していると、 確かにマルチタスクに該当するようなことが多いなと感じます。

 

また、良質なコミュニケーションの内容にも触れられている本なので、 改善すべきところを、僕自身確認させて頂けました。

 

マルチタスク絶対信仰なので、他の意見は寄せ付けない!」( *`ω´)

 

という強い意志を持つ人以外になら、オススメできる本です(笑)

 

 メンタリストDaiGoさんの放送リンク

バカになりたくなければ、マルチタスク(MT)をやめなさい 前編 - YouTube

 

 

④  シンプル ルールズ (ドナルド・サル、キャスリーン・アイゼンハート共著)

 

 

「ルールはこう使うべき!」

 

という、タイトル通りシンプルな内容です。

 

実生活においても応用が効く内容ですが、やはりビジネスマンで

ルールを見直したり、作成する側の人の方が参考になる本かと。

 

上司や部下との関係を円滑にさせるためのルールの作成なんかにも

使えるような内容となっております。

 

一番のポイントは

 

「成功を収めた会社のシンプルなルール」

 

なども多く語られており、明確で迅速な行動の裏には、

できる限りシンプルなルールがあるのだなと再認識させられる本です。

 

まあ、これもほぼ事例集なので、中弛みする部分も正直ありますけど(笑)

 

あと、実際の生活への影響力というと、

人によって効果がまちまちな内容なのかなとも思います。

 

一冊、本棚に入れてあると、ルールの問題に

直面した際に心強い存在で

あることは間違いないかなと思います。

 

メンタリストDaiGoさんの放送リンク

3つのルールで人生逆転!シンプルルールの科学 - YouTube

 

 

 ⑤ スタンフォードのストレスを力に変える教科書

 

 

Amazonのレビューを見ても、かなり好評な本。

 

「ストレスに対する解釈を変える!」

 

という斬新な内容となります。

 

これは、かなり実生活で役立たせてもらっております。

 

僕も元来ストレス耐性が低く、

 

ストレスを感じること = 人生に悪影響を与える

 

といった認識が強い人間だったので、この内容にはビックリしたのと同時に

かなり実用性が高い内容だなと感じました。

 

最近では、

 

ストレスを感じる = 行動のためのきっかけを与えてもらっている

 

と考えられるようになってきました。

 

有名マンガ、スラムダンクでいうところの

 

「神は乗り越えられる試練しか与えない」

 

という名言にも、通ずる内容となっております。

 

ストレスを感じやすい人にこそ、読んでもらいたい一冊です。 

 

メンタリストDaiGoさんの放送リンク

挑戦力が高まる不安との付き合い方~ストレスをアドレナリンに変えるには - YouTube

 


 

本を読むことは、結局自己の形成に繋がっていると思った出来事

 

最近では、読書離れが進んでいるというニュースばかり聞こえる

世の中ですが、最近考えさせられた出来事を書いてみます。

 

以下、友人と居酒屋にて酒を飲み交わしている時の会話

 

 昔、タクミのおかげでパチンコから足を洗ったこともあったよな 。 

うん?(まずい。何の話だかわからない)

 

ギャンブルは、
「人生で勝負できない人間のやること」
って言葉は今でも覚えているよ

 

おっ、おう・・・。(やばいギャンブル好きにボコされる・・・。)

 

といった、やり取りが最近あったのですが、

酔っ払いながら家に帰る道中、

 

友人に話した言葉は完全に本の引用(受け売りともいう)だったけど、

確かに今でもギャンブルはやらない自分がいるなぁ、と考えてみたり。

 

僕は、別にギャンブル撲滅派ではないので、

ギャンブル好きな方々は、くれぐれも勘違いしないでください。(汗)

 

これはあくまでも、

 

「本の内容の細部は、時間が経ったら忘れている部分が多いけれど、

確実に自分を構成している要素の一つになっている。」

 

と言いたいがための一つの例に過ぎません(笑)

 

本だけは、20代の内に読んできたけど、

確実に自分の性格に影響を与えているなと。

 

これは、人と会うにしろ、勉強するにしろ、旅に出るのも、

同じことなのですが

 

「どういう時間を過ごしてきたか?」

 

が結局の所、人生で重要なんだなと再認識。

 

ブログを書いているこの時間も、

将来の自分の糧になっていることを信じて、日々更新しています。

 

そんな当たり前のこと思いながら本日の記事はここまで。

 

そんじゃ、またね!

 

※ブログ管理者タクミは、ツイッターでフォロワーさん募集中です。 

相互フォロー歓迎なので、気軽にコメント等いただけたら嬉しいです。

タクミ (@takumijyuku07) | Twitter

スポンサーリンク