タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

コミュニケーションはゲーム感覚?メンタリストDaiGoさんの「スーパーコネクターの見つけ方」を観たのでまとめてみた 前編

 

どうもこんにちわ。

タクミです。

 

メンタリストDaiGoさんのニコニコ放送

 

「心理分析してみた」

 

内の

 

「友達は5人で十分!つき合うべき友人『スーパーコネクターの見つけ方』」

 

を観たので、感想や内容等まとめていきます。

 

YouTubeにて前半部観れます(後半はニコニコ動画のみ。会員登録必要。)

 


友達は5人で十分!つき合うべき友人 「スーパーコネクター」の見つけ方

 

※当記事は、正規の方法で、ニコニコのDaiGoさんの

有料チャンネルに登録した上での感想まとめです。

 

  •  新しい人脈を築きたいと思っているが、方法が分からない

  •  友人を人に紹介すること等に苦手意識を持っている

  •  久しぶりの友人に連絡を取りづらいと考えている

  •  人見知りなので、最低限の努力で結果を出せる人脈形成法を知りたい

 

 という方向けの記事です。

 

かなり、人を選ぶ放送内容だったと思っておりますが、

最後のまとめで、今回の内容を補完する考えも記載してます。

 

では参ります。

 


 

 


そもそもスーパーコネクターって何のこと?

 

f:id:takumino:20180819051040j:plain

 

放送内のキーワード

 

「スーパーコネクター

 

という存在について書いておきます。

 

スーパーコネクターとは、人脈作りに苦労することなく

人と人を繋ぐことに、異常に長けている人間。

 

特徴としては下記の通り

 

・ 人を褒めるのが上手

・ 人を紹介するのが上手

・ 他人をイベントや飲み会などに誘うのが好き

・ 相手の名前のみでなく、好きなことや特技を覚えている

 

特に4つ目の特徴は、仕事において応用が効きやすいかと思うので

触れておきます。

 

ビジネスにおいて、人の名前を覚え、目の前で名前を呼ぶことを

意識するのは、相手に好印象を与える技術の一つです。

 

スーパーコネクターは、それに加え、会った人の好きなことや特技を

覚えていることで、的確に人脈形成を築くことに成功します。

 

人間の好きなことや特技を覚えておくことで、

それぞれのニーズを持つ人間同士をマッチングさせる能力に秀でているのです。

 


マッチング能力に長けていると、どんなことが起きるのか? 

 

f:id:takumino:20180819051043j:plain

 

スーパーコネクター攻略のために、もう少し詳しく掘り下げて

考えていきます。

 

スーバーコネクター = マッチング能力に秀でている人

 

だとすると、スーパーコネクターにとって

人と人をマッチングすることのメリットはあるのでしょうか?

 

これに関しては、スーパーコネクターが一番メリットを享受できる

考える方が、生産的かと思われます。

 

スーパーコネクターのメリットは下記の通り。

 

① 人を紹介することで、結果、人を紹介されることに繋がっていく

 

人を紹介されると、普通の感覚であれば、何かお返しをして上げようと

考えるのが一般的です。

 

紹介されたからには、自分も有益となる人間を相手に紹介しようという

流れになるのは自然なことだと言えます。

 

②  そもそも人と人を繋ぐことに喜びを感じる

 

マッチングさせることで、喜びを感じるのは、ほぼ万人共通かと思いますが

特にスーパーコネクターは、その傾向が強くなると推測されます。

 

この辺りは、放送外の内容ですが、人格分析の話と共通してくる部分が

あるので、過去記事リンク貼っておきます。

 

www.takumiate.com

 

スーパーコネクターにとって、マッチングすることは幸せなことなので、

紹介される側も、喜んでその流れに乗ることが正解と言えると思います。

 

そして、スーパーコネクターと深く繋がることで、

自分は最低限の努力で、最大限の人脈効果を得られることが期待できます。

 


スーパーコネクターと繋がるための具体的な方法

 

f:id:takumino:20180819045929j:plain

 

では、実際にスーパーコネクターと繋がる方法を書いていきます。

 

① まずは休止中の絆を復活させる。リコネクティングの重要性。

 

昔の友人に連絡を取り、旧交を温める。

 

これが、スーパーコネクターにアクセスするための一歩となるのですが、

ニコニコのコメントは荒れ気味だと個人的には感じました。(笑)

 

昔の友人に連絡をとることにネガティブなイメージを持つのは、おそらく

 

・ 宗教勧誘

・ ネットワークビジネスの勧誘

 

この二大巨頭の存在が大きいのかと(笑)

 

そして、断られたらどうしようという考えが先行して、

結果上手くいかないことが多いと思われます。

 

その克服の方法は、後述していきます。

 

② 知らない人との交流会は、スーパーコネクターと繋がるチャンス

 

飲み会やイベントに参加した場合は、相手にこう訪ねるようにしましょう。

 

「今日は誰の紹介で、この飲み会(イベント)に参加されたのですか?」

 

そして具体的な名前が出たら、

 

「友人を増やしたいので、紹介してもらえないでしょうか?」

 

とスーパーコネクターに近づく。

 

・・・まあ僕としては正直、

打算的すぎて好みの方法ではないんですけどね。(笑)

 

まずは、スーパーコネクターどうこうより、

目の前の相手とのコミュニケーションを

しっかり成立させる方が重要かと僕は思います。

 

目の前の相手との信頼感をある程度確立 → スーパーコネクターに近づく

 

位の感覚の方が上手くいくんじゃないかと。

 

スーパーコネクターに近づくための考え方に関しても、

先ほどのリコネクティングを成功させる方法と

重複する部分もあるので、次の章で説明していきます。

 


知らない人間と、ゲーム感覚で接するメリットはこれ

 

f:id:takumino:20180819051740j:plain


内向的な人間にとって、知らない人間と上手く話すことは

かなりハードルが高いことだと思われます。

 

それの解決策として、DaiGoさんはこう明言してました。

 

「ゲーム感覚でスーパーコネクター探しをするべき!」

 

簡単に言うと、深く考えすぎるな。ということです(笑)

 

でも確かに、リコネクティングにしろ、イベント会場での振る舞いにしろ、

考えすぎるのは、良い成果に結びつかないと思います。

 

苦手意識がある方は、こう考えてみたらどうでしょう?

 

「そもそも何のリスクも背負ってない。」

 

だって、知らない人間に拒否されたところで、何にも起きやしません。

そんなことで、どうこうなる人間関係なら、早めに他の人脈形成を

試みた方が有意義かと。

 

また、昔の友人も、断られたら縁がなかったな。

と考える位でいいのかなと。

 

電話が怖いのであれば、メールで様子を見るのも有効です。

 


メンタリストDaiGoさんの「スーパーコネクターの見つけ方」を観たのでまとめてみた 前編 まとめ 

 

ということで、前編はここまでです。

 

正直、実行に移すのは、かなり人を選ぶ

もしくはハードルが高い内容だなと感じました(笑)

 

ストレスのかかり方は、人によっては許容範囲を越えてくるんじゃないかな。

 

僕個人としては、今回の放送内容をいきなり実行すると失敗するケースが

続出すると思います(汗)

 

最低限、ストレスに対しての認識を変えるなどといった方法を

学び、会得してから実行に移すべきかと。

 

※ストレスを力に変える方法は過去記事を参考頂ければ。

www.takumiate.com

 

ただ、有効活用できれば、かなりの効果も期待できる

内容であるのは間違いないかと思います。

 

なので、後編は、

 

① 個人的に考えた、スーパーコネクターを探す前に、自分がとるべき行動

② 僕が今回の放送内容に基づき、先ずとった行動とその成果

③ 人脈形成のメリット

④ 自分の現在の交友関係を具体的に把握する重要性と、その方法

⑤ 居心地がいいだけの人間関係が、いざという時に役立たない理由

 

など、前編の内容を補完できる内容を書いていきたいと思います。

 

また更新していきます。

 

そんじゃ、またね。

 

予約受付中のDaiGoさんの新作本

人間関係をリセットして自由になる心理学 (詩想社新書)

人間関係をリセットして自由になる心理学 (詩想社新書)

 

 

※ブログ管理者タクミは、ツイッターでフォロワーさん募集中です。 

相互フォロー歓迎なので、気軽にコメント等いただけたら嬉しいです。

タクミ (@takumijyuku07) | Twitter

 

スポンサーリンク