タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

ストレスが無いと鬱になる?メンタリストDaiGoさんの「挑戦力が高まる不安との付き合い方」を観たのでまとめてみた 前編

 

どうもこんにちわ。

タクミです。

 

今日は、メンタリストDaiGoさんのニコニコ放送

 

「心理分析してみた!」

 

内の

 

「挑戦力が高まる不安との付き合い方」

 

を観たので、感想や内容をまとめていきます。

 

 

YouTubeにて前半部観れます(後半はニコニコ動画のみ。会員登録必要。)


挑戦力が高まる不安との付き合い方~ストレスをアドレナリンに変えるには

 

今回は、不安やストレスを積極的に

挑戦する力に変える方法

知りたいといった方向けの記事となります。

 

前半記事は

 

・ ストレス・不安に対する解釈の重要性について

・ ストレス・不安を避け続けていると、鬱になりやすい?

・ 僕がストレスを感じないことで、経験したこと(実体験)

・ ストレス・パラドックスについて

 

などについて書いております。

 

後編記事はこちら

不安やストレスを挑戦する力に変えるための、

具体的な思考方法等について書いてあります。

www.takumiate.com

 

 

では、参ります。

 


 

 


不安を力に変えるのは、湧き出る感情への解釈次第

 

過去記事と重複する内容になりますが、

大事なことなので、もう一度書いておきます。

 

ストレスや不安という感情を、

うまく使いこなせるかどうかは

 

「あなたの解釈次第で決まります。」

 

うん?

不安やストレスって、体に悪いに決まってるんだから、使いこなせるかどうか

なんて関係ないのでは?

 

と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、

ストレスや不安は、とてつもない力を秘めているのです。

 

確かに、過度なストレスは健康を害する可能性がありますし、

結果的に最悪の事態も、招きかねないのは事実だと思います。

 

これに関しては、放送内でDaiGoさんが

上手い例えで説明してくれました。

 

「普段運動していない人に、200kgのバーベルをいきなり渡して、持ち上げてみろ。

と言っても、怪我するか、最悪死に繋がります。」

 

ただし、

適切なトレーニングを行なっていれば、

自分の限界や現状能力をある程度、把握できるようになるので、

リスクは下がりますよね?

 

このことは、メンタルの部分にもかなり共通してくる部分かと思います。

 

ストレスや不安は悪という認識のみで考えてしまうよりは、

素直に感情を受け止めた上で、行動の動機付けに使ってあげることをお勧め致します。

 

一般的に持たれがちな、ネガティブなイメージを自分の中で

逆転させることができれば、すごい力を発揮することも可能です。

 

 

f:id:takumino:20180803192534j:image

 

「でも、そんな面倒臭いことする位なら、そもそもストレスを感じないように、

ストレスになる原因を避け続ければいいんじゃない?

( ^ω^ )

 

・・・良い質問ですね。 (引用元 池上彰)

 

でも、事はそう単純ではないことが、次の項目で分かって頂けるかと思います。

 


ストレスを避け続けると鬱になりやすいって本当?

 

このことは、個人的に、一番勉強させてもらった部分なのですが、

不安やストレスって、生きることの意義と密接なんです。

 

過度なストレスや不安は、自分のメンタルが病む原因になるのは間違いありません。

 

ただ、完全なストレスフリーも、人生の意義を感じづらくなります。

 

人生の意義や充実感は、ある程度のストレスや不安を

乗り越えていくことで感じるものだと思います。

 

放送内でも、

 

「ストレスや不安は乗り越えることで、成長促進剤となる。」

 

という内容がありました。筋トレをした後の充実感を想像してもらえれば

分かりやすいかなと思います。

 

また、DaiGoさんは

 

「失恋して傷つくのが怖いから、恋愛しない。」

 

というのは、喜びを放棄していることでもあると説明。

納得。

 

尚、今回の記事を読んでいただいている

あなたには

僕と同じ失敗をしてほしくないので、

ここで一つ、ストレスに関する自分の失敗談お話ししたいと思います。

少しばかりお付き合い頂ければ幸いですm(__)m

 


ストレスや不安がなさすぎるとこうなる(実体験)

 

僕は会社員として、今の会社に10年前後勤めております。

入社したての頃は、覚えることも多く充実してました。

 

しかし、ある程度の年数が経過し、すっかり仕事に慣れた頃、ストレスや不安がないのと同時に

適度な刺激もなくなっており、仕事の意義を感じづらくなる時期がきました。

 

これは多分僕だけでなく、入社3年目〜5年目あたりで転職したい等といった

欲求が生まれ、実際に転職する人が多いことの一因だと、僕は思っています。

(僕自身は、そのまま今の会社勤めを継続。)

 

ちなみに、仕事に慣れた時期を越えた人間は、

 

① 社外での活動等も視野に入れ、自分からストレスをとりにいき、

  自分の成長を試みる。

 

② ストレスがない環境に甘んじ、そこに自分を順応させる。

 

の大きく2パターンに分かれると思います。

 

f:id:takumino:20180803193421j:image

 

そこで、僕は後者の②、順応することを選んだのです。

(厳密にいうと選んだ、という自主性すらない状況で、

気づいたら、そういう環境に身を置いていたという方が正解かも)

 

もちろん会社から要求される仕事はこなし、必要とされる資格なども

とったりし、休みの日には好きな本を読んだり映画を観たりゆったり。

 

家族もいて、一般的に言えば幸せな部類に入るだろう生活を送りながら

心の中で、ずっとこんなことを思ってました。

 

「やばい、何も感じなくなってきてる・・・。」

 

今、思うとその時の状況は軽く(又は重く)

病んでました。(汗)

 

でも周りからすれば、充実している人間という扱いをされていたので

自分の中で悶々とする日々を、しばらく送ることになります。

 

その後、今の会社でのある出来事をきっかけに、何もしないのはまずいと感じ、

今、ブログを書き、投稿し続けている日々に繋がります。

 

今現在は、本業のかたわら、早朝や帰宅後にブログを書き、記事のネタを仕入れ、

投稿する毎日を送っていますが、非常に充実してます。

 

では、今の状態に対して、ストレスや不安はないのでしょうか?

 

僕の答えは

 

「不安やストレスをいつも感じている。」

 

「ただし、過度ではなく、押しつぶされる類のものではないのも事実。」

 

といったところです。

 

今回の放送の内容通り、不安やストレスは生きることの意義に

不可欠なのだと、実体験も含めて思った次第です。

 

あなたが、もし僕と同じような境遇にいる場合、

もしくは全く違う環境にいる場合でも、これだけは覚えておいてほしいです。

 

「不安やストレスを力に変えられるかは、負の感情への解釈次第。」

 

とどのつまり、ネガティブをどう捉えるかは自分次第ということ。

 

・・・だいぶ文字数がかさんでしまった(笑)

 

あと一つだけ、放送内容の要点部に触れてから、後編記事へと繋ぎたいと思います。

 


ストレス・パラドックスの不思議

 

幸せな人間ほど、適度な(もしくは高い)ストレスを抱え、

不幸な人間ほどストレスがない状態。

 

前述した体験談などは、まさにストレス・パラドックスの典型例ですが

放送内で、国単位でも、その傾向が見られるという説明がありました。

 

ある研究結果で、

 

「昨日、強いストレスを感じたか?」

 

という質問に対し、

YESと答えた国民の割合が高いほど、

 

その国の幸福度・満足度・GDP・平均寿命の

数値が高い傾向にあるとのこと。

(日本はGDPと平均寿命はともかく、幸福度は低いので、もしかすると他国と比べ

ストレスへの考え方がネガティブなのも影響している?推測です。あしからず。)

 

他サイトでも、詳細な記載がありました。

幸福な国のほうがストレスを感じる? 常識が覆った、ストレスを力に変える考え方 | みんなのスタンバイ

 

やりがいがあると感じている時、人間はストレスも同時に感じている

という結果なのかなと思います。

 


メンタリストDaiGoさんの「挑戦力が高まる不安との付き合い方」を観た 前編まとめ

 

前編の内容全て、不安やストレスの認識についての

内容となりました(笑)

 

それだけ重要な部分ということで、ご理解頂ければ幸いです。

 

後編こそ、難局を乗り越えるのに必要な方法などについて

出来る限り具体的に書きたいと思います。

 

では、前編はここまで。

 

そんじゃ、またね。

 

 

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

 

スポンサーリンク