タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

メンタリストDaiGoさんの「理由もなくやる気が出ない 無気力状態脱出法」を観たのでまとめてみた 後編

 

どうもこんにちわ。

 

タクミです。

 

メンタリストDaiGoさんのニコニコ放送

 

「心理分析してみた」

 

から

 

「理由もなくやる気が出ない 無気力状態脱出法」

 

観たのでまとめていきます。

 

今回は、後編記事となります。

 

① 人間関係を考え直すテクニック

② モチベーションを保つ3つのルール

③ 批判された時に、実践してほしい考え方

④ まずは小さく始めよう

 

などといった、人間関係になどによる、やる気改善方法等がメインの内容になっております。

 

前編は、こちらからどうぞ。

(やる気が出ない本当の理由・やる気が出ない時に

絶対に足りない物など記載してます)

takumino.hatenablog.com

 


 

 


 やる気(モチベーション)を保つための、3つのルール

どうにも、途中で心が折れがちで、やる気が続かない方は

先ず、次の3つのルールを意識してみることが大事になります。

 

  他者やコミュニティとの関連性を保つ。仲間を作る。

 

やはり人は、基本的に一人だと、自分に甘くなりがちですし

他者からの刺激を受けることで、やる気が保たれる効果はあると思います。

 

  行動が、自分の価値観や人生の目的に適っている。

 

結局のところ、より具体的な人生の目的に適っていないと、人間はやる気が

続かないものです。お金のためだけに、大きな目的を達成できる人は

稀なのか、実は存在しないのかもしれませんね。

 

 ③ 現実的な目標かどうか確認する。

 

今現在の自分の経験値と、 立てた目標の差が大きすぎる

達成するまでの、具体性が持てなくなり、やる気を失います。

自分の経験値や現状より、少し上の目標を掲げ、行動に具体性を持たせる

ことが重要になってきます。 

 


人間関係を見つめ直す!ジョブ・クラフティングの効果について

 

放送内で、DaiGoさんが重点的に説明してたテクニックで

ジョブ・クラフティングというものがありました。

 

以下、他サイトからの引用です。

 

「ジョブ・クラフティング」とは、従業員一人ひとりが、

仕事に対する認知や行動を

自ら主体的に修正していくことで、退屈な作業や

“やらされ感”のある業務をやりがいのあるものへ変容させる手法のことです。ジョブ・クラフティングのプロセスでは、仕事の現状を可視化して

整理し、自分の動機や強み、能力を明らかにした上で、

業務内容や人間関係、仕事に対する認識を組み直していきます。

 引用元:「ジョブ・クラフティング」とは? - 『日本の人事部』

 

ジョブ・クラフィテングとは、DaiGoさん曰く、人間関係のリフレーミング

とおっしゃってましたね。

 

f:id:takumino:20180731200914j:image

 

言葉の定義としては、人間関係だけでなく、仕事に対する認知や行動を

自ら再構築していくことで、やらされ感の仕事から脱却を図るという意味合いかと。

 

実践するには、下の3つの問いかけを自分自身にしてみて下さい。

 

 職場(学校)で一番大事な人間関係を深めるには?


 自分の仕事(貢献)がどこで役に立っているか?

 自分がどのように成長することで、誰に、何にメリットを与えられるか?

 

 ① 職場(学校)で一番大事な人間関係を深めるには?

 

 まず、あなたが今いる環境で、誰と仲良くしたいのかを明確にして下さい。

 

本当に、築くべき人間関係はそう多くないはずです。

全員に対して、いい顔をしすぎてもメリットは多くありません。

一番大事な人間関係の構築に集中しましょう。

 

②  自分の仕事(貢献)がどこで役に立っているか?

 

今の職場で、自分の貢献度を、どこで感じられるか?不可欠な存在になっているか?

 

と、自分へ問いかけることで、改めて自信を感じることができます。

自信を感じることで、やる気も湧いてきます。

 

③ 自分がどのように成長することで、誰に、何にメリットを与えられるか?

 

自分の成長の貢献対象を明確にすることで、成長することにの意味に具体性が加わり

よりやる気を促します。

 

DaiGoさんの表現を借りると、自分のキャリアを育てるための考え方ですね。

 


あなたが、批判された時に、実践してほしい考え方

 

このブログを見ていただいているということは、

あなたは、やる気を保ち何かに挑戦したい!といった気持ちが強い方だと思います。

 

ただ、挑戦をする人間に対して、100%といっていいほど

待ち受けているのは、その挑戦を批判する人たちです(汗)

 

 

f:id:takumino:20180731194102j:image

 

常にできない理由を探している人は、何かを成し遂げよう、もしくは改善しようと

頑張る人間に対して、批判をすることで自己の正当化を図ろうとするのです。

 

こればかしは、誰もが経験することです。

 

・・・が、それを気に病んでしまい

行動することを止めてしまうのが

一番もったいないことです。

 

そこで、周りの人間に批判や理解されない態度を取られた時に、お勧めの

考え方を紹介します。

 

それは

 

「むしろ批判されない方がヤバイ!!」

 

考えてみて下さい。

 

批判をされるということは、

あなたが今やろうとしていることは、周りがやろうとしない、

やらなかった事という、他ならぬ証拠です。

 

あなたの挑戦は、その人からしたら異常なことに映って当然なのです。

 

人間は常に自分が正しいと、心のどこかでは思っているものです。

 

そして、批判的になる人間に限って、大したことを

会社や職場でもやっていないものです。

 


自分と他人との違いが浮き彫りになる事を楽しもう!

 

周りを批判する行為は、自信がない表れです。

 

 DaiGoさんに至っては、

 

「あぁ、周りはまだ誰も気づいていないんだなぁ。」

 

「分かってねえなぁ。」(笑)

 

位の気持ちでいいのではないかと、

説明してました。

 

批判をされる時は、自分と他人の違いが浮き彫りになる時です。

むしろ、成長できているからこその現象とも言えるのです。

 

僕自身も、小学校から教師に批判されるは、会社勤めすれば上司から批判される

批判されなかったことの方が、

少ない位の人生を、これまで生きてきました。

(まあ、僕の個人的な問題な気もしますが。)

 

ただ、大なり小なり努力して結果を残せば、

大概の人は、納得してくれます。

 

例え、失敗しても、間違いなく得ているものはあるはずです。
 

「やった、批判された!

飛躍するチャンス到来だ!」(笑)

 

といった、気持ちの余裕が必要なのかもしれません。

 

それでも、批判がひどい時や気になる時は、

いっそのこと、無視を決め込むのもアリかなと思います(笑)

 

ちなみに僕は、ブログを始めた時も家族と一部の人間以外には言ってないですし

今後も言う必要はないと思ってます(笑)

 

職場なんかにバレたら最後、適当な理由をこじつけられ

批判されるか、下手すれば・・・と分かりきっているからです♪(´ε` )

 

そもそも、批判してくる人に理解を求めること

自体が無意味なのかなと個人的には思います。

 


何事も小さく始めることが大事

 

見栄っ張りな人に多いのですが、ビジネスを始めるさいに

周りの人間に対して、ビッグになると宣言をして、

オフィスを借りて、いきなり法人として起業するのですが

案の定行き詰まり、数年も経たないうちに・・・。

(恥ずかしながら、僕にも同じような時代がありました 笑)

 

f:id:takumino:20180731201704j:image

 

でもこれって、考えてみても当たり前ですよね?

 

ブログで言えば、アクセス数が見込めないうちから、高性能PCだったり

無駄な投資をしても、高い確率で無駄になります。

 

僕自身は、ブログを始めて払った金といえば

今のところ、

 

  • ワイヤレスのキーボード  1800円
  • デザリング契約の月額料金 500円/月
  • DaiGoさんのニコニコ放送月額費 540円/月 

 

の三点に支払ったのみです。

(今後、無料サイトから有料サイトへの変更や

自分でサイト構築した場合はもう少し出費がかさむかなと)

 

どうひっくり返っても、どん底に沈むような金額ではありません(笑)

 

無理なくスタートを切ってから、本当に必要なものを考えるべきなのです。

 

特に、高い維持費がかかる方向に舵を切るのは自殺行為だと思います。

 

又、いきなり法人として起業しようとしても

ほとんどの人間には現実的ではない発想になり

行動に具体性がなくなります。

 

 ちなみに、DaiGoさんの「心理分析してみた」は、

高価なWEBカメラなど試してみた結果、

現在はiPhoneと、固定するための三脚だけになっているようです(笑)

 

放送する手間を極力シンプルにするためだと思いますが、

本当に必要なものだけを取捨選択する姿勢は

是非見習いたいと思います。

 


メンタリストDaiGoさんの「理由もなくやる気が出ない 無気力状態脱出法」 を観た 後編 まとめ

 

今回は、やる気について色々書いてきました。

 

特に今回の記事で重要なのは

 

行動に具体性を持たせること

 

僕自身も、行動に具体性を持たせることに

集中することで、やる気を継続し、ブログを書いております。

 

皆さんの生活に少しでもお役に立てる記事になっていれば幸いです。

 

また、更新します。

 

そんじゃ、またね。

 

※前編はこちらから

takumino.hatenablog.com

 

 ※過去記事でもお勧めしている本

SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

 

 

スポンサーリンク