タクミの帰宅塾

基本的に、はやく家に帰りたい会社員が見た社内における諸々をユーモア交え書いてます。検索ワード 時間効率 仕事 読書 ビジネス なんかを想定してます。

スポンサーリンク

自己開示は積極的にすべき?メンタリスト『DaiGoさんの裏切られない人間関係を作る、正しい「自己開示」』を観たのでまとめてみた

どうもこんにちわ。

 

タクミです。

 

今回は、メンタリストとして各メディアで

大活躍のDaiGoさんの

ニコニコチャンネル

 

「心理分析してみた」

 

内の放送

 

『裏切られない人間関係を作る、「正しい自己開示」』

 

ニコニコ動画を観て、感じたことを

まとめてみます。

※正規の方法で、ニコニコのDaiGoさんの有料チャンネルに登録した上での感想です。

 

 

「あなたは人に裏切られたと感じたことはありますか?」

 

 

f:id:takumino:20180722103831j:image

 

それって、自己開示をしていないことが原因かもしれませんよ?

 

「信頼していた人から裏切られた!」

 

「良好な人間関係を築きたい!」

 

「正しい自己開示の方法を知りたい!」

 

などといった方向けの記事になります。

 

自分としてもかなり得られるものも多かったので、参考にしてもらえれば幸いです。

 


 

 


 

自己開示のメリット

 

f:id:takumino:20180722104125j:image

 

自己開示のメリットを簡単にまとめると

 

「自分が自己開示することで、相手も自己開示してくれるようになる。」

 

結果

 

「プライベート等の話など、共有しやすくなり関係性が深まる。」

 

と繰り返し、DaiGoさんは説明してくれました。

 

納得。

 

なんですが、この自己開示するということが

僕はすごい苦手なんです。(汗)

 

自分のことなんか、相手もさほど興味ないだろうと思い

深い会話をしないことが多いんですよね。

 

ただ、自分がいざ苦難に遭遇した時を考えると

頼れる人間、仲間が必要だとは常々思います。

 

確かに、相手が極端に自己開示しないと、僕も警戒感を強めますし。

 

「相手と関係を深めたいのなら、自己開示すべき。」

 

これは鉄則なのでしょう。

(もちろん相手を選ぶ前提ですけどね)

 


何故、人は裏切るのか?

 

f:id:takumino:20180722104249j:image

ではなぜ人は裏切るという行動をとるのでしょうか?

 

それは

 

「状況が裏切りを作る」

 

とのこと。

 

「裏切られる様な状況を作ったからこそ、

裏切られるという現象が起きている。」

 

と、考えると分かりやすいかと。

 

裏切りの種を蒔いているのは自分、とも言ってましたね。

 

例えば、久しぶりに会った友人へ、

仕事の依頼を下記のようにしたと仮定します。

 

 

ちょっと俺の仕事を引き受けてくれないか?

 

 

あぁ。いいよ。

 

 

・・・・1週間後

 

 

あの仕事どうなった?

 

 

あぁ、他に頼まれた仕事があったので、まだ手をつけてないや。
ちょっとスケジュール的にきついから他当たってくれないか?

 

 

(裏切られた・・・。)

 

 

と、仮にこんなケースがあったとします。

(まあこの場合、相手も仕事遅れる旨とか伝えろよとも思いますが笑)

 

何故、友人はあなたの仕事に手をつけなかったのか?

 

何故、他の仕事を優先したのか?

 

相手は、こんなことを思ったかもしれないです。

 

  • 「他の仕事が入ったけど、どちらを優先した方が得かな?」
  • 「どちらを優先した方が、長期的に利益を生むかな?」
  • 「最近、疎遠気味だったし、断ってもいいかな。」
  • 「久しぶりに会って仕事の話をいきなりされてもな・・・。 」

 

そう、会う前から、 信頼関係が既に揺らいでいる状態ができていたのです。

 

DaiGoさんは放送内で下記のような表現で説明してました。

 

「人間関係も、メンテナンスが必要となります。」

「信頼感を維持するには、15日に1回は連絡を取り合う必要がある。」

 

そう、この表現であなたはこう思うかもしれません。

 

15日に1回って結構な頻度じゃない?

 

これ僕もそう思いました。

 

ただ、決してDaiGoさんは

 

「15日に1回、実際に会う必要がある」とは言ってません。

 

むしろ、顔を合わせない形でのコミュニケーションの方が

結果、自己開示しやすくなり良好な関係が築きやすいと言ってました。

 


実際に顔を合わせる必要はない?テキストベースの強み

 

よく年配の方ほど、

 

「人は実際に顔を合わせないとコミュニケーションは成立しない」

 

と、おっしゃていることが多いのですが

 

それって本当?

 

と、僕も思うことが多いです。

 

何故なら、会社の会議って、顔を合わせているからこそ

意見言いづらくないですか?(笑)

 

はっきり言って、部下の立場等から考えても

 

「何も言わないほうがいい」

 

と、判断するのが当たり前だと思います。

 

 そこでDaigoさんはテキストベースでのコミュニケーションを勧めてました。

 

「テキストベースって、情報量少ないし、

顔合わせた方がお互いの気持ちを理解できるよね。」

 

って思いがちですが、

 

「テキストって情報量が少ないからこそ

言葉を尽くすようになる。」

 

らしいです。

 

 人って、ある種の制限を加えた方が想像力が刺激され

クリエィティブになれるという話を聞いたことがありますけど

今回の話と近い気がします。

 

また、メッセージを送る方がしっかり吟味した内容を送ることで、

間違いなく自分が伝えたいことが相手に届いているとの実感が湧きやすいとのこと。

 

顔合わせて意見を伝えても、

会社とかだと容赦なく意見潰してきますしね(笑)

 

途中で遮られるとか日常茶飯事・・・。

 

まあ、日本企業の古い体質ではなかなか浸透しづらい文化なのかなと

思うのも事実ですけどね。

 


自己開示する際のコツってあるの?

 

相手の自己開示を引き出しやすい話題として

放送内で説明していた内容から、一部抜粋していきます。

 

①お金・健康等の自分の悩み

 

これは分かりやすいですね。心配事を言ってくれたと相手が感じた場合

相手からも悩みを打ち明けてくれる可能性は高いと思います。

 

②義憤の共有

 

これ、悪口の共有ではありませんよ(笑)

 

ただの悪口は多分心象を悪くすると思います。

僕なりの説明ですが、

 

「相手がどこで怒りを感じるのかを把握した上で、

共感を示すことで、距離感を縮めること」

 

かなと思います。

 

等々、他にも色々挙げておられたましたが、文字数などもキリがないので割愛いたします。

 


「心理分析してみた」は実際どうよ?

 

まだ、観始めたばかりですが、

非常に内容が濃かったので驚きました。

 

間違っても、ながら鑑賞みたいなことはできそうもないです(笑)

 

かなりの動画が挙がってるので、備忘録含め

今後も定期的に当ブログでも新記事を更新していきたいと思います。

 


太ったインストラクターは信用できないは当たり前?(余談)

 

最後に、余談ですが、放送中に商売上手とのコメントを見た

DaiGoさんの反応が面白かった。

 

※以下は僕の完全な主観です

 

・商売上手というコメントを受け流そうかと一瞬迷う

・迷ったけど、下記の様なことを言う

 

「メンタリストとして、人の心理を扱うプロが、人の心理を理解する必要がある

ビジネスにおいて商売下手なら、意味がない。」

 

納得。

 

そしてニコニコの動画のコメントの

 

「太ったインストラクターも一緒」

 

みたいなことを見て二重に納得。

 

商売上手ってあまりいい意味では使わないのかな?

2ちゃんでいう嫌儲みたいなこと?

 

今度考えてみよっと。

 

そんじゃ、またね。

 

 

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術

 

 

 

 

スポンサーリンク